[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳を変えた強豪ドイツの武者修行 卓球界新星・横谷晟が日本代表に与える「ガッツ」【世界卓球】

プレーも応援もアグレッシブ「ガッツでやり抜いていく」

 持ち味はアグレッシブなプレースタイル。世界ランク1位に君臨する樊振東(ファンジェンドン)ら中国選手を目標に腕を磨いてきた。「樊振東選手に似てる」と言われることもあり「あれぐらいもっと安定感がついて、かつダイナミックな部分も残していけたら」と、さらなる成長曲線を描いている。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 昔から五輪を夢に見てきたが、選考会3位で具体性を増した。この大会では父親がベンチ入り。「ちょっとは親孝行できたかなって勝手に思ってます」。周りからも期待の声を掛けられることが増え、「それが嬉しいんですよ」と今のモチベーションだ。

 ナショナルチーム入りし、国際大会の出場も増加。日本人と異なるスタイルの選手と対峙し、「前と違うような経験ができてます。今、めっちゃ楽しいです」と目を輝かせる。長く卓球界を引っ張ってきた水谷隼さんが引退し、新時代へ転換する最初の世界大会。5月に20歳になった横谷は、2大会ぶりのメダルを「獲ってきます」と宣言した。

「持ち味であるダイナミック、アグレッシブなところを貫き通して向かっていきたい。自分たちが引っ張って日本をメダルへ導いていけるように、自分の役割を全うして勝っていきたい。自分の役割はガッツ。もちろん試合の時もガッツで、応援の時もガッツでやり抜いていこうかなって思ってます」

 強気で熱い男が、日本に闘志を与える。

(第6回は木原美悠が登場)

 ◆世界卓球 9月30日からグループリーグが行われ、上位16の国と地域が10月5日からの決勝トーナメントに進出。テレビ東京系&BSテレ東で連日放送。中継キャッチフレーズは「新時代の、目撃者になる。」

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集