[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本ほど「ゴミが落ちていない国はない」 カヌー羽根田卓也が環境問題で考える国民性

スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

羽根田卓也が語った「カヌーと環境問題」【写真:荒川祐史】
羽根田卓也が語った「カヌーと環境問題」【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」カヌー・羽根田卓也

 スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 今回のテーマは「カヌーと環境問題」後編。自然を舞台にした“ネイチャースポーツ”であるカヌー。「SDGs」に象徴される環境問題が社会課題となっている今、幼い頃から地元の愛知・豊田の川で汗を流し、海外生活が長かった羽根田も関心を持っているという。後編では、自然と共生するカヌーという競技について魅力を明かし、一人のアスリートとして問題改善に向けた想いも語った。(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――前編では環境問題について聞いてきましたが、自然と共生するカヌーならではの面白さをお聞きしたいです。

「そうですね。楽しいし、気持ち良い。やっぱり自然の中で体を動かすのは、格別な気持ち良さがありますよ。皆さんもスポーツじゃなくても自然に行って、山に登ったり、森のカフェに行ったりすると、気持ち良いですよね? さらに、カヌーというネイチャースポーツになると、その中で体を動かし、競い合う喜びがある。スポーツならではの要素も広がっていくので。だから、カヌーは素晴らしいスポーツだと思います」

――当然、同じ川の流れは二度とないし、競技は天気や風などあらゆる条件に左右される。その難しさは裏返せば、楽しさにも繋がりますね。

「だから、自然から凄く学ばせてもらいました。自然ってある種、危険と隣り合わせ。もちろん、カヌーはしっかりとした対策をしていれば危ないこともないし、楽しく安全に競技もできるし、遊ぶこともできる。ただ、水というフィールドである以上、危険を感じやすい。例えば、最初は(カヌーで転覆した時に)溺れていなくても、溺れていると思ってしまう。実際はライフジャケットも着ているし、落ち着けば大丈夫ですけど。

 でも、そういうフィールドだから、転んだ時にどう対処するか、どう落ち着いて自分をセルフレスキューするかをまず身につける競技です。その分、自然との向き合い方、あるいはもし自然が牙を剥いてきた場合、どう対処するかは凄く大きな学びになる。そして、それは自然だけでなく、何か起きた時にどう落ち着きを保つかという対処法やメンタルの強さに繋がるので。自然はいろんな学びをくれる素晴らしいフィールドです」

――コンビニの袋をもわらないなど、ちょっとしたことから環境問題改善へのアクションが起きています。羽根田選手が普段の生活で心がけていることはありますか? 

「コンビニの袋もそうですし、無駄な物は使わないこと。(カフェでコーヒーなどの)蓋は要らないとか。どうしても、自然に対する罪悪感が生まれるので。自分ができるところからですね。それぞれできることの積み重ねが大事なのかなと思っています」

1 2

羽根田 卓也

リオ五輪カヌー銅メダリスト THE ANSWER スペシャリスト

1987年7月17日生まれ。愛知・豊田市出身。ミキハウス所属。元カヌー選手だった父の影響で9歳から競技を始める。杜若高(愛知)3年で日本選手権優勝。卒業後にカヌーの強豪スロバキアに単身渡り、スロバキア国立コメニウス大卒業、コメニウス大学院修了。21歳で出場した2008年北京五輪は予選14位、2012年ロンドン五輪は7位入賞、2016年リオ五輪で日本人初の銅メダル獲得。以降、「ハネタク」の愛称で広く知られる存在に。東京五輪は10位。2022年1月、パリ五輪を目指し、現役続行することを表明した。175センチ、70キロ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集