[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外4往復、体重10kg減 女子ゴルフ馬場咲希、10代だから乗り切れた37年ぶり快挙の夏

9月国内ツアー参戦、今後は「ミリ単位」の調整も重要に

 鎌田氏によると、ラウンドや練習を重ねるゴルファーは、右足の股関節が詰まる傾向にあるという。スイングを繰り返すことが原因で、右骨盤が上がった状態に。それを改善しないままボールを打っていると、調子を崩すことがあるという。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「つまり、一般的に右足が左足よりも短くなった状態になるので、平らなライでも左足上がりのような感覚になるのです。結果、アドレスでボールの位置も変わります。咲希もそれで調子を崩した経験があるので、もし今、右股関節がそういう状態にあるならトレーニングとエクササイズで骨盤の位置を戻す必要があります。ミリ単位のことですが、とても重要なことです。その上で、体幹のさらなる強化をしていければと思っています。まだ、フィジカルの完成度は3割程度なので徐々に上げていきたいです」

 今後の馬場は、9月16日開幕の住友生命Vitalityレディス東海クラシックを皮切りに国内ツアーに参戦することになるが、それまでの2週間で、管理栄養士と相談しながら可能な限りの増量、消費した筋力もトレーニングで戻していくことになる。米国やフランスで見せた平均270ヤードのドライバーショット、精度の高いアイアンショット、勝負強いパットをツアーでも披露するべく、馬場はコンディションを整え、技と心も磨いていく。

◆馬場咲希の今季戦績

【3月】
ヤマハレディース葛城 58位
【4月】
全米女子オープン日本予選会 4位※本大会出場権獲得
【5月】
関東女子選手権 優勝
ブリヂストンレディス 28位※ベストアマ
【6月】
全米女子オープン 49位
日本女子アマチュア選手権 9位
【7月】
全米女子ジュニア選手権 32強
関東ジュニア選手権 優勝
【8月】
全米女子アマチュア選手権 優勝
世界女子アマチュアチーム選手権 個人4位、チーム3位

■鎌田貴(かまた・たかし)
 1962年4月15日、山形県新庄市生まれ。東海大学大学院体育学研究科修了(体育学修士)。プロアスリートのフィジカルトレーナーとして、幅広いジャンルのアスリートの体作りを担当。これまで、ホンダレーシングの専属トレーナーとして、ロードレース、モトクロス、トライアルで20人を超える多くのライダーをチャンピオンの座に導き、F1レーサーの角田裕毅も指導。女子ゴルフでは、宮里藍をプロ転向して間もない2004年から、米女子ツアーに参戦して3年目の08年まで指導した。現在はモータースポーツ、ゴルファーに加え、野球、陸上選手らを指導。次世代を担う若手アスリートの育成にも力を入れている。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集