[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米女子アマVの17歳馬場咲希 解説したトップコーチも驚く「日本人に少ない強み」とは

飛んで高さがあるショット、小技も巧み「隙がない」

――馬場選手は今年に入って急成長しています。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「彼女のショットが飛ぶことは知っていましたが、(4月の)全米女子オープン日本予選会を通過したあたりから、すごさを感じてきました。本大会でも、3日目を終えて2オーバーだったことに驚かされました。強烈にグリーンが硬くて速く、日本ではあり得ないセッティングでしたので」

――飛距離だけでなく、小技にも自信を持っています。

「確かにうまさを感じます。今回もパターでも打てるエッジからのアプローチでウェッジを選択し、2度チップインを決めています。これはアプローチが得意だという証しです。そういう意味でも隙がないですね。苦手分野がないんじゃないでしょうか」

――この快挙も踏まえ、馬場選手がどんな選手になっていくとイメージされますか。

「来年は多くのメジャー大会に出場できますし、オーガスタ女子アマからの招待状が届くでしょうし、今後は国内ツアー出場の機会も増えると思います。その中で最も勝つ可能性を感じるのは、日本女子オープンです。厳しいセッティングになるほど、彼女の飛んで曲がらず、高さがあって硬いグリーンで止められるショット、小技の巧みさが効いてきますし、他の選手との質的な差が出やすくなります。(2016年に)アマチュアだった畑岡奈紗選手が日本女子オープンを制した時のように、馬場さんが優位に立つ可能性は大いにあります」

――馬場選手は「注目される程、力が出る」と話しています。メンタルの強さも感じますか。

「実際、今日の試合でもマッチが進んで注目を浴びれば浴びる程、パフォーマンスが上がっていました。途中、わずかなミスがあっても切り替えが早いことも印象的でした。そういう意味でも、プロ向きな選手です」

――馬場選手は将来、国内外でプロとして活躍する可能性を抱かせますが、今後、日本女子ゴルフ界はどう変化していくでしょうか。

「今回、馬場さんが世界一の女子アマになったことで、彼女を目標にする選手も出てくることでしょう。実際、日本のジュニアには馬場さんに対抗できる選手がいますし、世界女子アマランキング50位以内で大会出場資格がありながら、今回は出場を見合わせた選手が7人います。ただ、こうして馬場さんが勝ったことで、『来年は私もチャレンジしたい』となるのは自然なことです。そうすれば、彼女たちが上位に進出する可能性は多いにあります」

■井上透(いのうえ・とおる)
 1973年4月3日、横浜市生まれ。法政二高野球部で甲子園出場を目指していたが、故障をきかっけに退部。その後、ゴルフを始め、法大2年修了後に渡米。21歳でプロゴルファーとなり、現地でゴルフ理論を学ぶ。97年からは国内初のプロコーチとして男子ツアーに帯同。佐藤信人、中嶋常幸プロ、加瀬秀樹、佐藤信人らをコーチングした。現在も成田美寿々、穴井詩、堀奈津佳、識西諭里らプロやアマ選手を指導している。11年には、早大大学院で「韓国におけるプロゴルファーの強化・育成に関する研究」の論文を発表し、最優秀論文賞を獲得。16年には、東大ゴルフ部の監督に就任した。データ分析の第一人者としても知られる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集