[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2023年W杯へ猛アピール 慈善試合で躍動、ラグビー日本代表“予備軍”で輝いた2人とは

ウルグアイ&フランス戦へ、正代表への昇格は狭き門

 このフィジカルの強さを、辻本人は「体の準備というのを一番に考えている。ウエートトレーニングにプラスして、体の中心や体全体の使い方だったりを意識して取り組んできた。例えば腹筋や肩甲骨、おしりの筋肉という、自分のパワーが一番発揮できるところをしっかり伸ばして、パワーを出すために必要なトレーニングを、チームセッション以外でも自分でしっかり考えながらやってきました」と説明する。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 BK(バックス)以上に体力を消耗するFWながら、辻を80分間起用した堀川HCは「60分くらい(のプレー時間)と話していたが、怪我人の状況で(起用を続けた)。疲労も見ている限りなかったし、非常にいいパフォーマンスをしてくれた」と強靭なフィジカルと無尽蔵の運動量を称賛した。

 18日からは日本代表が、ウルグアイ、フランス両代表と各2試合を戦うテストマッチ4連戦が始まる。エマージングブロッサムズのメンバーで戦うのは、次のウルグアイとの第1テストまで。同第2テストとフランス戦は宮崎合宿中の正代表で戦うことになるが、数人の選手はエマージングブロッサムズからの昇格組になる。

 代表常連組の復帰を差し引けば、正代表への昇格は狭き門だ。代表未経験組では第一関門で根塚、辻がインパクトを残したが、次の最終関門で新たな昇格候補が飛び出すのか。桜のジャージーを懸けた今夏最後のトライアルが近づいている。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集