[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世代を超えて愛される羽生結弦 8歳の少女が憧れを込めた1枚の絵「かっこよくて大好き」

「THE ANSWER」が北京五輪期間中に展開した特集「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」で配信したフィギュアスケート連載「氷の絵師たちのエール」。競技への愛情をイラストに込め、スケーターを後押しするファンの想いと作品を紹介した。好評につき、大会終了後も掲載延長。大会期間中に紹介しきれなかった作品を届ける。第22回は男子シングル4位に入った羽生結弦を描いた8歳の女の子「かおる」さん。

かおるさんが描いた羽生結弦
かおるさんが描いた羽生結弦

連載「氷の絵師たちのエール」第22回

「THE ANSWER」が北京五輪期間中に展開した特集「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」で配信したフィギュアスケート連載「氷の絵師たちのエール」。競技への愛情をイラストに込め、スケーターを後押しするファンの想いと作品を紹介した。好評につき、大会終了後も掲載延長。大会期間中に紹介しきれなかった作品を届ける。第22回は男子シングル4位に入った羽生結弦を描いた8歳の女の子「かおる」さん。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 羽生結弦という男は、国籍も世代も超えて愛される。

 羽生を描いた「かおる」さんは、米国に住む8歳の女の子。“出会い”はボストンで行われ、羽生が2位に入った2016年の世界選手権だった。たまたま近くで開催されていたため、エキシビションを観戦。

 当時2歳だったが、羽生の演技を見て「どうしてもスケートをやりたい」と言い、リビングでスケートの真似をずっとしている女の子だった。

「大好きで、応援している」という憧れのスケーターにエールを込め、今回、1枚のイラストを完成させた。選んだのは、北京五輪のフリーで演じた「天と地と」のワンシーン。「羽生選手が上を向いて、天とつながっているみたいだったから、このシーンを選びました」

 こだわりは羽生が天にいるように感じさせるため、周りに桜や鳥を描いたこと。「鳥の絵は、上杉謙信のお家の家紋を参考にしました」。鉛筆、水彩、色鉛筆、マンガペンを使い、ピンクはアクリルの白と赤を混ぜて作り、優しい配色を作り出した。

 赤ちゃんの頃から絵の具やクレヨンで遊ぶのが好きで、今はバレエ、バイオリンもこなす多才ぶり。羽生のスケートに魅了されたあの世界選手権の半年後には念願叶って、近所のスケート教室を体験。初日から滑ることができ、今は週に5回も練習しているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集