[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳で世界を制したスノボ村瀬心椛 岐阜から片道3時間のジャンプ台で磨いたエア技術

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載する。

スノーボード女子ビッグエアで銅メダルを獲得した村瀬心椛【写真:Getty Images】
スノーボード女子ビッグエアで銅メダルを獲得した村瀬心椛【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#75 立山KINGS所長が語る7年前からの成長

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 北京五輪のスノーボード女子スロープスタイルとビッグエアの日本代表に決まり、「かっこいい滑りをしたい」と意気込みを語っていた17歳の高校生スノーボーダー、村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が北京の空を華麗に舞った。15日に行われたスノーボード女子ビッグエア決勝、予選を2位で通過していた村瀬は、1回目で80.00点、2回目で91.50点をマーク。3位となり、日本の女子選手として冬季五輪史上最年少メダリストとなった。17歳にして日本のスノーボード史にその名を刻んだ村瀬は、いかにして大技を習得してきたのか。小学生時代から通い、技術を磨いてきた「立山KINGS」の所長・石川諒さんに話を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・谷沢 直也)

 ◇ ◇ ◇

 岐阜県出身の村瀬は幼少期からスノーボードを始めると、すぐにその魅力に取りつかれていく。そして2歳年下で、現在は同じプロスノーボーダーとして活躍する妹・由徠とともに、週末に車で3時間以上かけて通ったのが「立山KINGS」(当時の名称は富山KINGS)だ。

 富山市街から立山連峰へと向かう道の途中にあるこの施設は、スノーボード・フリースタイルスキーのジャンプやジブを、冬場を除く4月から12月上旬まで楽しめる場所。「KINGS」として運営されている同様の施設は全国に複数あるが、2013年9月にオープンした立山KINGSの売りになっているのが、国内最大級のジャンプ台「BANGER」だ。飛距離14~18メートルを誇るこのジャンプ台は、今も村瀬の練習拠点の一つとなっており、阪西翔コーチの指導を受けながら技術を磨いている。

 立山KINGSの所長・石川諒さんは、7年前にスタッフとして入った時、初めて村瀬に会った時のことを覚えている。

「お父さんが毎週土日に送り迎えをされていて、たぶん(立山KINGSの)オープン当初から通われていたと思います。心椛も妹の由徠も、2人ともスノーボードに取り組む姿勢が違うなと。性格は本当に普通の女の子で、自分らとも仲良く喋る妹的な感じだったんですけど、本当にスノーボードには秀でたものがあって、見るからにほかの子供たちと違うところがありました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集