[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア記事でよく見る(N高東京)って何? 東大合格者も輩出する2万人高校の秘密

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

紀平梨花らが卒業した「N高等学校」の秘密とは【写真:Getty Images】
紀平梨花らが卒業した「N高等学校」の秘密とは【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#55 連載「銀盤のささえびと」第5回・N高等学校編

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。「N高東京」を取り上げる。19、20年全日本女王の紀平梨花(21年卒)ら多くのフィギュアスケート選手を支援する通信制高校「N高等学校」。前編は角川ドワンゴ学園が運営するもう一つの「S高等学校」と合わせて生徒数2万人を数え、東大合格者も輩出する新時代の教育に迫った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケートの記事を読んでいると、選手の名前の後ろにこんな表記をよく見かける。

(N高東京)

 ファンにはお馴染みであっても、そうでない人には「エヌコウって?」となるかもしれない。

「学園にはスポーツに限らず、さまざまな生徒が在籍しています。囲碁・将棋、ピアノのように文化的活動をしている生徒もいる。もちろん、普通の高校生活をしている生徒もいます。いろんな活動をしている生徒を応援するのが、我々のスタイルです」

 こう語るのは「N高」こと、正式名称「学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校」の奥平博一校長である。全日本選手権を2度制すなど、日本女子のエースとして活躍する紀平梨花(現早大、所属はトヨタ自動車)が在籍し、有名に。2019年全日本選手権3位の川畑和愛(現早大)も卒業。現在はアイスダンス全日本ジュニア2連覇の吉田唄菜ら国内トップクラスの選手も含めフィギュアスケート選手が3人いる。

 N高の「N」は、ネット(Net)などから来る通り、オンライン授業を主体とした定時制高校。出版社のKADOKAWAとIT大手のドワンゴが協力し、2016年に本校が沖縄で開校した。紀平が所属先とした「N高東京」は、登録を東京地区として日本スケート連盟に申請した名称。全国の生徒数は約1万7000人、角川ドワンゴ学園が運営するもう一つの高校である「S高等学校」と合わせ、2万人を超える高校日本一の“マンモス校”でもある。

 いったい、どんな学校なのか。

「法律的な制度としては全国にある通信制高校と同じ分類ですが、単に通信で勉強するだけでなく、我々は『ネット上で高等学校そのものを再現しよう』というのが、究極的な目標。オンラインのイメージがありながら、意外とリアルの活動をやっていることも特徴の一つです」

「ネットで再現する高校」の理念通り、他の通信制と一線を画す特色が多数ある。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集