[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7mしか泳げなかった子供も… 伊藤華英さんは大船渡の子供をいかに成長させたのか

競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが21日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。10か月間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた水泳の成果発表が行われ、7mしか泳げなかった子供が劇的な成長を見せるなど、指導は大成功となった。

大船渡の子供たちに10か月間、動画による遠隔指導を行ってきた伊藤華英さん【写真:村上正広】
大船渡の子供たちに10か月間、動画による遠隔指導を行ってきた伊藤華英さん【写真:村上正広】

元競泳五輪代表の伊藤さんが「東北『夢』応援プログラム」で経験した“遠隔指導”

 競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが21日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。10か月間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた水泳の成果発表が行われ、7mしか泳げなかった子供が劇的な成長を見せるなど、指導は大成功となった。

 少しずつ、本来の姿を取り戻しつつある街で、子供たちが確かに、成長の跡を示した。伊藤さんが訪れたのは、東日本大震災で甚大な津波の被害を受けた大船渡、それも沿岸部にある「メイワエアロビクスクラブ」だ。今月で震災から7年が過ぎた。「ちょっとずつ、街が新しくなってますね」。指導2年目になる伊藤さんは、力強い息吹を感じながら、プールに足を踏み入れた。

 競泳の元オリンピアンが協力したのは、公財「東日本大震災復興支援財団」が行う「東北『夢』応援プログラム」。被災地の子供たちに対し、毎日、直に接することができなくても、遠隔指導ツール「スマートコーチ」を利用し、オンライン上の動画を通じて1対1の個別指導を続け、子供たちが設定した目標に少しでも近づける――。そんな画期的なコンセプトの企画だった。

 水泳編の指導役「夢応援マイスター」を務めた伊藤さん。昨年6月の初回「夢宣言イベント」以来、月に1度、送られてくる動画に対し、アドバイスを送り、距離は離れていてもずっとつながってきた。だから、10か月ぶりの再会であっても緊張感はなく、和気藹々とした空気が流れた。この日は小学2年から中学3年まで9人による成果発表。伊藤さんの開会の言葉から幕を開けた。

「1年間、よく話を聞いて頑張ったと思う。自信を持ってタイムを計りましょう。その前にもう少しうまくなってから」。こう話すと、成果発表の前にクリニックが始まった。共通の課題だった「けのび」「キック」などを細かくアドバイスしながら1時間にわたって指導。勢い良く泳ぐ子供たちも充実感いっぱいの表情で取り組んだ。そして、待ちに待った成果発表が行われた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集