[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯予選で苦しんでいる日本 内田篤人が見た現状「日本の研究がしやすくなっている」

いつの時代もアウェイでの戦いは厳しい。こと、サッカーに関してはホームの利が大きいと言われている。1998年フランス大会に初出場してから、サッカー日本代表は2002年日韓開催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと6大会連続ワールドカップ(W杯)出場を果たしてきた。そして2022年カタール大会の出場権を懸けた道のりは今、アジア最終予選で厳しい戦いを強いられている。

内田篤人氏が、ここまでの日本代表の戦いぶりについて語る【写真:荒川祐史】
内田篤人氏が、ここまでの日本代表の戦いぶりについて語る【写真:荒川祐史】

サッカー日本代表のW杯最終予選が11日と16日にアウェイで開催

 いつの時代もアウェイでの戦いは厳しい。こと、サッカーに関してはホームの利が大きいと言われている。1998年フランス大会に初出場してから、サッカー日本代表は2002年日韓開催、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと6大会連続ワールドカップ(W杯)出場を果たしてきた。そして2022年カタール大会の出場権を懸けた道のりは今、アジア最終予選で厳しい戦いを強いられている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 2勝2敗で迎える、11月のアウェイ2連戦。11日(21時開始)にベトナム、16日(25時開始)にオマーンと対戦する日本代表戦はDAZNで独占生配信される。両試合の“裏チャンネル”で解説を務める元日本代表の内田篤人氏が、ここまでの日本代表の戦いぶりとアウェイ2連戦の見どころについて語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部)

 ◇ ◇ ◇

「勝ち負けに一喜一憂しないというのが大事だと思うんです。W杯に出られればいいので。圧倒して勝つとか、予選で1位になることが目標ではない。W杯に出るために、チームとしてどういった準備ができているのか、どういった戦いができたかが大事。最終予選の1試合という位置づけで、戦っている選手たちが取り組むことが大事だと思います」

 9月にスタートしたアジア最終予選、オマーンとの初戦を0-1で落とした日本代表は続く中国戦で1-0と勝利したものの、10月のサウジアラビア戦ではまたしても0-1で敗戦。ホームでのオーストラリア戦で2-1と勝利したが、4試合を終えて2勝2敗と苦しんでいる。

「オーストラリアやオマーンは現代のサッカーがちゃんと落とし込まれている感じがします。立ち位置だったり、ボールの回し方だったり。さらにヨーロッパで活躍している日本の選手が増えてきたことによって、スカウトがしやすくなっていて、日本の研究がしやすくなっていると感じましたね」

 1998年フランス大会の初出場以来、6大会連続出場を果たしている日本代表にとって、いまやW杯は出て当たり前の大会になった。だからといってラクに突破できるほど、最終予選は簡単ではない。

「相手のこともあるし、自分たちがしっかりと準備ができる時間がなかったなかで、試合自体はやっぱり難しい。最終予選は今までも『よく勝ってきたな』というゲームが多かったので、そんなに大きくは変わっていないなと思いました。本当に今までも、負けても不思議ではないゲームはいくつもありましたから」

「楽しんでやってもらいたい」と内田氏【写真:荒川祐史】
「楽しんでやってもらいたい」と内田氏【写真:荒川祐史】

 勝てば楽勝ムードが漂い、負ければ揶揄される。周囲の声や報道、そして勝って当たり前というプレッシャーや重責が選手たちを苦しめたりはしないのだろうか。「追い込まれてあたふたするような選手たちではないですし、僕自身も『まずいまずい』ってあんまり思ったことはないので、楽しんでやってもらいたい」と内田氏。

「もちろんスタートはいいほうがいいので、スタートをこけると、その分ズルズルといくこともある。見てる側としても、お客さんやメディアの『大丈夫?』という声が多くなる。でも、それに惑わされずにチームが一つになることが大事。最終予選は難しい部分はあるけど、まだまだ自分たちで盛り返すことができる。オーストラリア戦で勝利という結果を出したので、ここからいいようにチームとして上がっていってもらったらと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集