[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽根田卓也が16日後に語った涙の理由 東京五輪延期決定、あの春から490日間のすべて

多くの感動と熱狂をもたらした東京五輪。日本は史上最多となる58個のメダルを獲得した。多くのヒーローが生まれ、一躍、メディアの注目の的に。しかし、その陰では、同じように自国開催に懸けながらメダルに届かず、大会を去った選手はそれ以上に存在している。「THE ANSWER」は彼らの挑戦にスポットを当てた連載「東京五輪 もう一つのストーリー」をスタート。夢舞台を戦い抜いた今の、それぞれの想いに迫る。

東京五輪10位となった羽根田卓也、競技後に流した涙の理由とは【写真:Getty Images】
東京五輪10位となった羽根田卓也、競技後に流した涙の理由とは【写真:Getty Images】

連載「東京五輪 もう一つのストーリー」第1回 カヌー羽根田卓也・前編

 多くの感動と熱狂をもたらした東京五輪。日本は史上最多となる58個のメダルを獲得した。多くのヒーローが生まれ、一躍、メディアの注目の的に。しかし、その陰では、同じように自国開催に懸けながらメダルに届かず、大会を去った選手はそれ以上に存在している。「THE ANSWER」は彼らの挑戦にスポットを当てた連載「東京五輪 もう一つのストーリー」をスタート。夢舞台を戦い抜いた今の、それぞれの想いに迫る。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 第1回はカヌーのスラローム男子カナディアンシングル10位だった34歳・羽根田卓也(ミキハウス)。大会後、初めて取材を受けたというリオ五輪銅メダリスト。前編では「人生をかける」と公言した東京五輪、1年延期決定から競技当日までに過ごした「490日間」に迫る。苦しさを決して表に出すことなく前向きなメッセージを発信し続けた理由と、競技後に流した涙の意味とは。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 東京五輪の競技から16日後。8月11日。進退を明らかにしていない羽根田はこの日も都内でトレーニングをこなし、一人で取材場所に現れた。

 激闘からしばらく。今、心にあるのはどんな感情か。ストレートな問いに、訥々と言葉を繋いだ。

「競技が終わって、4日後に退村しました。やっぱり退村すると、日常生活に戻った感じがしましたね。前回と違って、静かな退村だったので……。ただ、僕は東京五輪に対して、プレッシャーやネガティブな気持ちはあまりありませんでした。なので、単純に挑戦できた喜びと、一方で自分をずっと律してきた5年間、もっと言うと(ロンドン五輪からの)9年間だったので、ひと区切りした感じ、ですかね」

「もう気を尖らせる必要はない」と言う羽根田の表情は穏やかだった【写真:近藤俊哉】
「もう気を尖らせる必要はない」と言う羽根田の表情は穏やかだった【写真:近藤俊哉】

 本人が「もう気を尖らせる必要はない」と言う通り、自然体で穏やかさを感じさせる口調だった。

 羽根田がリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得したのが2016年8月9日(日本時間10日)。そして、競技人生の集大成と位置づけた東京五輪を戦ったのが2021年7月26日。その5年間、日数にして「1812日」。

 今回、その期間を2つに分けて聞いた。一つは、リオ五輪から東京五輪に向け、挑戦を続けた3年半の「1322日」だ。ロンドン大会7位入賞に続き、挑んだ3度目のリオ五輪。「自分の生き方、人生。そういうものが実を結んだ日であり、それによっていろんなことが変わった1日」と振り返る。

 メディアに引っ張りだこになり、「ハネタク」の愛称で世間に広く知られることに。女性誌の表紙を飾り、高級自動車メーカーがスポンサーについた。競技に注目し、声援を送るファンも増えた。34歳で迎える東京五輪に向け、順風満帆だった。

「リオで結果が出て、競技の注目につながり、たくさんの応援も頂いて、凄く追い風が吹いていました。調子も凄く良かった。特に2019年からの1年あまりはここ数年で一番良い練習ができていて、本当に『いつでも東京五輪、来い』という感じ。そのくらいコンディションは良かったです」

 しかし、来いと思った東京五輪は来なかった。2020年3月24日、大会延期を安倍晋三首相が発表した。「テレビで見ていた記憶がある」という場面は「皆さんと同じように延期は覚悟していたので。驚きはなく、『中止じゃなくて良かった』が一番の感情」と回想する。

 延期決定から東京五輪まで、もう一つの期間「490日」の1日目が始まった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集