[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【One Rugbyの絆】 何歳になっても目指せる世界一 タグフットボールが持つ「生涯スポーツ」としての可能性

日本ラグビー界に新たなうねりを起こすべく立ち上がった「NPO法人One Rugby」。元日本代表主将の廣瀬俊朗氏が代表理事を務める団体では、15人制や7人制(セブンズ)、車いすラグビーといった一般になじみのあるものから、10人制ラグビー、デフラグビー、ブラインドラグビー、タッチラグビー、タグフットボール、ビーチラグビーまで、「ラグビー」に分類されるあらゆる競技が協力し、競技の持つ魅力を広く社会に伝えていくことを目的とする。

日本にタグフットボールを持ち込んだ、協会代表の岡村剛さん【写真提供:JTFA】
日本にタグフットボールを持ち込んだ、協会代表の岡村剛さん【写真提供:JTFA】

「One Rugbyの絆」連載第5回、タグフットボール協会・岡村剛さんに聞く魅力

 日本ラグビー界に新たなうねりを起こすべく立ち上がった「NPO法人One Rugby」。元日本代表主将の廣瀬俊朗氏が代表理事を務める団体では、15人制や7人制(セブンズ)、車いすラグビーといった一般になじみのあるものから、10人制ラグビー、デフラグビー、ブラインドラグビー、タッチラグビー、タグフットボール、ビーチラグビーまで、「ラグビー」に分類されるあらゆる競技が協力し、競技の持つ魅力を広く社会に伝えていくことを目的とする。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「One for all, all for one」の精神で1つのボールを全員でゴールまで運び、試合終了の笛が鳴れば、敵味方関係なく互いの健闘を称え合う。ダイバーシティ=多様性のスポーツと言われるラグビーが、現代社会に提供できる価値は多い。「THE ANSWER」では、「One Rugby」を通じてラグビー界、そして社会が一つになれることを願い、それぞれのラグビーが持つ魅力を伝える連載「One Rugbyの絆」をお届けしている。

 第5回は、タックルの代わりに腰につけた2本のタグを取り合うタグフットボールだ。オーストラリアから日本へ初めて競技を輸入し、現在はNPO法人日本タグフットボール協会代表を務める岡村剛さんに聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 タグフットボールは1992年にオーストラリアで始まったスポーツだ。1チーム8人が戦うグラウンドは、15人制の約半分の大きさで、試合は20分ハーフ。スクラムやタックルはなく、腰につけた2本のタグを1本取るとタックル成立と見なされ、プレーは中断。6回タグが奪われると攻守交代し、トライのみで加算される得点で勝敗を決する。

 日本では小学校の体育の授業でタグラグビーが採用されているが、両者は似て非なる物。岡村さんは「タグフットボールは大人のタグラグビー、と紹介しています」と話す。大きな違いは、タグフットボールではキックが使えること。そのため、より15人制のラグビーに近いスタイルだが、コンタクトプレーがないので安全に楽しめる。競技人口はオセアニア地区を中心に世界で25万人以上を数え、2012年からは3年ごとにワールドカップ(W杯)を開催。日本も第1回大会から参加し、ラグビー元日本代表の北川智規氏らが出場している。

 岡村さんがタグフットボールと出会ったのは、1996年から10年を過ごしたオーストラリアでのことだった。学生時代にラグビー部だった岡村さんは、働きながら現地クラブチームでプレー。だが、一年中ラグビーをする日本とは違い、オーストラリアではラグビーは冬季限定スポーツで、夏にはクリケットや水泳、テニスなど他競技を楽しむ人がほとんどだった。

「1年の半分しかラグビーがなくて悲しいと思っていたら、現地の友人に夏のスポーツとしてタグフットボールというものがあるからやらないか、と誘ってもらったんです」

 興味津々に出かけ、体験してみると、想像以上に楽しかった。コンタクトプレーがないため故障リスクが少ない。そのため、子どもたちにとってはラグビーを始める入口として、一線を退いた経験者にはラグビーに代わる楽しみとして、幅広い層の人々が「生涯スポーツ」として楽しんでいる光景があった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集