[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米拠点の総合格闘家・堀口恭司の今 「1枚のマスクを使い続けています」

総合格闘家の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。世界初のベラトール&RIZINの2つのベルトを保持していた男は今、米国でコロナ禍に見舞われていた。THE ANSWERのオンラインインタビューに答え、右ひざのリハビリの進捗状況や、現在の生活について語った。またインターハイが中止となるなど、苦境にあえぐ日本の高校生にもエールを送った。

「THE ANSWER」のオンラインインタビューに応じた総合格闘家の堀口恭司【写真:荒川祐史】
「THE ANSWER」のオンラインインタビューに応じた総合格闘家の堀口恭司【写真:荒川祐史】

米国で雌伏の時を過ごす前2冠王者をオンラインインタビュー

 総合格闘家の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。世界初のベラトール&RIZINの2つのベルトを保持していた男は今、米国でコロナ禍に見舞われていた。THE ANSWERのオンラインインタビューに答え、右ひざのリハビリの進捗状況や、現在の生活について語った。またインターハイが中止となるなど、苦境にあえぐ日本の高校生にもエールを送った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ◇ ◇ ◇

――米フロリダ州のココナッツクリークに拠点に置く堀口選手。米国では新型コロナウイルスの感染者数は110万人を突破。死者も6万6000人を超えるなど、日本以上に感染が広がっていますが、現状を教えてください。

「外を人が歩いていることはありません。自分が住んでいるところはもともと歩行者は多くはないのですが、車の数も少ないですね。逆に目立つのが走っている人。今までは見たことがありませんでした。コロナの影響でずっと家にいる人が多くて、ストレスが溜まってるんでしょうね。少しでも体を動かしたいんじゃないかと。もともとアメリカ人はマスクをしないのですが、今はみんなマスクをしています。不思議な感覚ですね」

――堀口選手もストレスが溜まっているのでは?

「僕はジムの2階に住んでいるので、いつもと変わらないといえば変わらない生活をしています。今は練習しているか、寝ているかですね。困るのはショッピングモールが閉まっていること。イヤホンが壊れてしまって修理しようにもできない。食事をするにもどこのレストランも空いていないので、自分で作るようにしています。生姜焼きとカレーを繰り返し作っています。美味しくはないですね(笑)。

 食材を買う場所はあるのですが、そこも厳しくなっています。今はマスクをしないと店に入れません。ただそのマスクも手に入らない状況です。僕はマスクは1枚だけもらって、それを使い続けています。何度も使っていますね。日本のファンの方が送ってくれると言って下さるのですが、申し訳なくて……。顔にタオルを巻いて入ることもありますね」

――練習も思うようにはできない現状では?

「ジムにコーチと選手何人かが来て、多く集まるとだめなので、3、4人でやっていますね。練習できるのはプロだけ、一般の方はクローズにしています」

――昨年10月に右ひざ前十字靭帯の断裂と半月板損傷で全治10か月の重傷を負いました。怪我の回復具合は?

「リハビリは週に3回。まだ10分くらいしか走れませんが、筋トレの強度は上がってきています。ジャンプや縄跳びもできるようになってきました。左右の足の太さも一緒くらいになってきて、いい感じに回復してきています。怪我の回復だけでいうとマックスに近い。感覚的な部分も含めると50~60%というところです。リングに上がるのが楽しみです。自分が今できることは、体の部分も含めて100%にもっていくこと。だから焦ってはいないです。リベンジしたい相手もいるし、目標がしっかりありますから」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集