[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、千賀も加入 “本物”の野球指導オンラインサロン「NEOREBASE」って何?

野球がうまくなりたい。速い球を投げたい。打者を抑えたい。ヒットを打ちたい。白球を初めて握ったあの頃から抱く純粋な向上心。レベルが上がるにつれて、成長が頭打ちになる人も多い。プロだって研究、進化を続ける毎日。歩みを止めてしまえば生きていけない世界で生きている。どうすればもっと上に行けるのだろうか。

画期的な野球指導をするオンラインサロン「NEOREBASE」【画像:内田聖人提供】
画期的な野球指導をするオンラインサロン「NEOREBASE」【画像:内田聖人提供】

元早実エース・内田聖人が立ち上げた話題のコーチング集団、その実態とは…

 野球がうまくなりたい。速い球を投げたい。打者を抑えたい。ヒットを打ちたい。白球を初めて握ったあの頃から抱く純粋な向上心。レベルが上がるにつれて、成長が頭打ちになる人も多い。プロだって研究、進化を続ける毎日。歩みを止めてしまえば生きていけない世界で生きている。どうすればもっと上に行けるのだろうか。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 そんな悩める向上心に本気で応えるコーチング集団がいる。その名は「NEOREBASE(ネオリベース)」――。

 9つのアルファベットが示すのは、専門的、かつ画期的な野球指導をするサロンだ。オンライン上で動画などを用いながら野球に関する知識、考え方、情報を有料会員(一般は月4000円、学生は同2000円)に向けてコーチングする。指導するのは4人の専門家。このうちの一人が最速150キロの剛腕でアマ球界に名を馳せた内田聖人だ。

「現場に行かなくても知識を伝えられる。誰でも聞けるし、本当にいまどきですね。今は情報が溢れすぎていて、ツイッターやYouTubeを見ていると『えっ?』という部分もめちゃくちゃあるんですよね。その人の理論があるのかもしれないですが、誰でも発信できてしまう。5年後、10年後にもしかしたら自分たちが今言っていることが全然大したことないと思うかもしれないですが、今思う『本物』を提供しようとしています」

 オンラインサロンの意義を明かした26歳の右腕。自身は名門・早実で甲子園の土を踏み、3年時にはエースナンバーを背負った。早大、社会人、米挑戦の末、昨秋のNPBドラフト会議で指名がなく、「最速150キロ」の名刺を持ったまま選手生活に区切り。11月に「NEOLAB(ネオラボ)」という事業を立ち上げ、自ら代表に就任した。

 米球界で近年増えつつある肩書き「Pitching Strategist(ピッチング・ストラテジスト)」を生業とし、第二の人生で投球指導をしている。1月から野球データやトレーニングの専門家4人で「NEOREBASE」を開設した。

 自身を主軸に集まったメンバーの一人が、データから鋭い視点で野球理論を展開する評論家・お股ニキ氏だ。著書「セイバーメトリクスの落とし穴 マネー・ボールを超える野球論」は日本の野球界に一石を投じ、今では教えを乞うプロもいるほど。選手から絶大な信頼を得ている。

 内田が現役時代の真っただ中にいた2018年から指導を受けたのが、「ストラテジスト(戦略家)」の肩書を持つ池田則仁氏。スローイングに限らず、打撃、トレーニングにおいて個人指導するパーソナルコーチで、投手、野手合わせてプロ20人を指導してきた。もう一人が技術、肉体面で指導できる小山田拓夢氏。MAX152キロを誇り、早大では内田の2学年先輩だった。内田曰く「どうやったら球が速くなるかずーっと考えている人」という。

 自身の肩書き「ピッチング・ストラテジスト」は日本語にすれば「投球戦略家」。従来は指導者が分かれていたトレーニング、テクニックの部分を一括して担当し、ピッチングに留まらず、野手のスローイングもトータルでコーディネートしている。この4人のスペシャリストが専門知識を持ち合わせ、互いに補完し合いながらレベルアップに導くのが「NEOREBASE」なのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集