[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“高校野球らしくない”指導でセンバツ有力 元巨人・佐藤洋監督が変えた東北高の練習風景

昨年の秋季東北地区高校野球宮城県大会決勝で、東北高が仙台育英高を破り宮城の頂点に立った。昨夏に甲子園での東北勢初優勝を成し遂げた強敵に土をつけると、勢いそのままに東北大会でも準優勝。今春の選抜高校野球大会への12年ぶりの出場が有力視されている。その東北高を昨年8月から率いるのが、OBで元巨人の佐藤洋監督(60歳)だ。「子どもたちに野球を返す」をテーマに掲げ、高校野球界に一石を投じる指揮官の思いに迫った。(取材・文=川浪 康太郎)

秋の県大会決勝で仙台育英を破り、試合後に笑顔を見せる東北高の選手たち【写真:川浪康太郎】
秋の県大会決勝で仙台育英を破り、試合後に笑顔を見せる東北高の選手たち【写真:川浪康太郎】

東北高校野球部・佐藤洋監督インタビュー第1回

 昨年の秋季東北地区高校野球宮城県大会決勝で、東北高が仙台育英高を破り宮城の頂点に立った。昨夏に甲子園での東北勢初優勝を成し遂げた強敵に土をつけると、勢いそのままに東北大会でも準優勝。今春の選抜高校野球大会への12年ぶりの出場が有力視されている。その東北高を昨年8月から率いるのが、OBで元巨人の佐藤洋監督(60歳)だ。「子どもたちに野球を返す」をテーマに掲げ、高校野球界に一石を投じる指揮官の思いに迫った。(取材・文=川浪 康太郎)

 ◇ ◇ ◇

 雪の舞う12月中旬、東北高校泉キャンパス(仙台市)に足を運んだ。ここには硬式野球部のグラウンド、室内練習場、寮がある。

 この日、練習が行われていた室内練習場を覗くと、ユニホームではなく各々が所有するジャージやTシャツを着た選手たちがバットを振っていた。髪型も様々で、丸刈りは見当たらない。室内には邦楽のBGMが大音量で流れている。

「ヒロシさん」

 練習の合間、選手たちは監督にそう声をかけ、野球や学校生活のことについて相談する。あまりにも“高校野球らしくない”練習風景に、圧倒された。

“高校野球らしさ”を明確に説明するのは難しいが、高校野球界では指導者が選手に統一感や厳格さを求めるケースは少なくない。甲子園を目指すような強豪校であれば、なおさらだ。

 東北高は春夏通算41回の甲子園出場を誇る、県内屈指の強豪校。1904年創部で伝統もあり、ダルビッシュ有投手(パドレス)をはじめプロ野球選手も多数輩出している。佐藤が「(野球人生で)一番きつかった」と高校時代を振り返るように、東北高もかつては厳しい指導の例外ではなかったが、現在の練習環境は大きく異なる。

 仕掛け人は佐藤。近年は甲子園出場回数が減り、昨夏の県大会も準々決勝で敗退した東北高が、立て直しを図るべく新監督として白羽の矢を立てた人物だ。佐藤は埼玉県内の3つの野球スクールで指導していたこともあり当初は断りを入れたが、学校側の熱意に押され、また「いつかは監督をやりたい」との思いもあったことから、受諾した。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集