[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表キャップ総数197 ラグビー界のレジェンド3人が挑む新たな育成指導とは

コミュニケーション能力があり主体的に状況判断ができる人間を育てたい――。そんな思いから始まったラグビーアカデミーがある。それが「ブリングアップ(BU)ラグビーアカデミー」だ。

ラグビー界のレジェンド3人が挑む新たな育成指導とは【写真:荒川祐史】
ラグビー界のレジェンド3人が挑む新たな育成指導とは【写真:荒川祐史】

元日本代表の箕内氏、小野澤氏、菊谷氏が主宰する「ブリングアップラグビーアカデミー」

 コミュニケーション能力があり主体的に状況判断ができる人間を育てたい――。そんな思いから始まったラグビーアカデミーがある。それが「ブリングアップ(BU)ラグビーアカデミー」だ。主宰するのは、ラグビー元日本代表の箕内拓郎氏、小野澤宏時氏、菊谷崇氏。3人合わせて日本代表197キャップというラグビー界のレジェンドたちは、ラグビーというチームスポーツを通じて小中学生のジュニア世代に何を伝えていきたいのか。

 BUラグビーアカデミーが産声を上げたのは、2018年5月、東京都調布市でのこと。ラグビー界が誇るスター3人がコーチを務めるとあって、保護者の中にはいわゆる技術指導を期待する声もあったという。菊谷氏は笑いながら振り返る。

「今でこそないですけど、初めの頃は『タックルの練習はいつですか?』『ブレイクダウンの練習は?』と質問されることもありました。そのたびに『タックルもブレイクダウンも練習しないんですよ』と伝えていました」

 ここで重視するのは、ラグビー以上に人間力のスキルアップだ。楕円のボールを後ろにパスしながら、全員で前方のゴールを目指すラグビーで、最も大切なものは瞬時の状況判断とコミュニケーション能力。毎月決めたテーマに沿って行われる週1回の練習では、主人公はあくまでも子ども達。元日本代表の3コーチは考える材料ときっかけを与えるサポート役に徹する。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集