[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無名から世界一へ 金メダリストが語る「圧倒的集中力&執念」引き出す方法

一人の大学生が一躍スターダムにのし上がった裏には練習方法の意識改革にあったという。

20160929_nomura2

五輪3連覇の偉業を成し遂げた野村忠宏さんも大学までは無名だった―

 一人の大学生が一躍スターダムにのし上がった裏には練習方法の意識改革にあったという。

 1996年アトランタ五輪。当時無名だった野村忠宏さんは男子柔道60キロ級で金メダルを獲得し、2000年シドニー大会、2004年アテネ大会とアジア人史上初となる3連覇を達成した。中学・高校時代は決して目立った成績を残したわけではなかったが、大学時代に急成長を遂げての快挙だった。

 野村さんは8月に大塚製薬が取り組む「ポカリスエット エールと、ともに。 ブカツ応援キャラバン」の一環で、神奈川県の桐蔭学園高を訪問。全校生徒対象の講演会を行い、柔道部に指導も行った。その際に自身の飛躍の転機となった大学時代の練習について回想した。

 野村さんは天理中学校、天理高校を経て天理大学に入学。高校と同じく、大学も全国屈指の強豪に入部したものの、「大学で実力が伸びてきている実感はありましたが、全国レベルにはなかなか届かなかった」。しかし、大学2年生の時に飛躍の転機が訪れた。そのきっかけとなったが、1984年ロサンゼルス五輪60キロ級金メダリストの細川伸二氏の指導だった。

 今回のリオデジャネイロ五輪73キロ級で金メダルに輝いた大野将平(旭化成)を指導したことでも知られる細川氏だが、野村さんも教え子の一人。野村さんはその当時の練習をこう振り返った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集