[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡ら輩出の名門・興国の“倒し屋” 藤原仁太が3連続RSCで8強「堤くんとやりたい」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは31日、宮崎市総合体育館で行われ、ライト級の3回戦では名門・興国(大阪)の藤原仁太(2年)が2回47秒RSC勝ち。3試合連続でのRSC勝ちで8強入り。V候補の堤麗斗(2年=千葉・習志野)に挑戦状をたたきつけた。

RSC勝ちで8強入りした藤原仁太【写真:角野敬介】
RSC勝ちで8強入りした藤原仁太【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、ライト級・藤原が3連続RSC勝ちで準々決勝進出

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは31日、宮崎市総合体育館で行われ、ライト級の3回戦では名門・興国(大阪)の藤原仁太(2年)が2回47秒RSC勝ち。3試合連続でのRSC勝ちで8強入り。V候補の堤麗斗(2年=千葉・習志野)に挑戦状をたたきつけた。

 井岡一翔らを輩出した興国の“倒し屋”が、またRSCで勝った。2回47秒でレフェリーが試合を止め勝利。「攻め込める場面でもっと攻めないと。相打ちもあって、自分が倒されていてもおかしくありませんでした」と苦笑いで振り返ったが、ライト級での3戦連続のRSCは、8強入り選手の中でただ一人だ。

 初めてのインターハイで躍動している。「拳一つで強くなりたい」と、小2でボクシングを始め、ジュニアの大会で経験を積んできた。「決勝で堤くんと対戦したい」と高校4冠目を目指す逸材との激突に意欲を燃やした。

 興国からは井岡ら3人の世界チャンプが出ている。「インターハイで優勝して将来はオリンピックに出たいんです」と意気込む藤原。堤との対戦を実現させるまで、負けるわけにはいかない。

◇インターハイのボクシングは7月29日から8月3日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集