[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“因縁の相手”に完勝 大会No.1注目株・堤麗斗が8強入り「意識せず、冷静に戦えた」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは31日、宮崎市総合体育館で行われ、ライト級の3回戦では今大会No.1注目株の堤麗斗(2年=千葉・習志野)が、因縁の相手・染谷將敬(3年=東京・駿台学園高)をポイント差で撃破し、8強入りした。

8強入りした堤麗斗【写真:角野敬介】
8強入りした堤麗斗【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、ライト級・堤は染谷との再戦を制し準々決勝進出

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは31日、宮崎市総合体育館で行われ、ライト級の3回戦では今大会No.1注目株の堤麗斗(2年=千葉・習志野)が、因縁の相手・染谷將敬(3年=東京・駿台学園高)をポイント差で撃破し、8強入りした。

 確かな成長を感じさせる勝利だった。頭がくっつきそうなくらいの接近戦。決してプラン通りではなかったが、堤はひるまなかった。有効打を的確に当てて、ジャッジ5人が3ラウンドともに堤を支持。文句なしの内容で染谷を破った。

 インターハイ連覇、4つ目の高校タイトルへ「最大の山場」と位置付けていた。染谷とは昨年の国体の予選で当たり、当時はジャッジのポイントが割れる大接戦。堤の負けだったと振り返る関係者も少なくなかったという。

「自分的には勝ったと思っていましたが…。でもすごく悔しくて。でも意識はしないようにしていました。冷静に戦えたと思います」。心は熱く、頭はクールに。「いつもと違う感じはあったけど、それは気にせずにやれました」。2ラウンドには被弾する場面もあったが、冷静にカウンターも当て、終始優勢だった。

 習志野の関茂峰和監督も「文句なしでしょう」と笑顔。「本人も気合が入っていた。接近戦にならないようにとは思っていんですが、冷静に試合を運んでいた」と愛弟子の戦いぶりを称えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集