[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2得点の市立船橋MF丸山、最後の夏にかける想い 旧友との再会へ「進路は今大会次第」

全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は24日に徳島県で開幕し、市立船橋(千葉)は5-1で草津東(滋賀)を破って2回戦に駒を進めた。2得点1アシストの活躍を見せた攻撃的MF丸山侑吾(3年)は、「初戦で、最初はすごく硬さがあったけど、やっていくなかで、自分たちはいけるという自信があった。今日は自分を信じ切ることができました。本当に、この大会にかける思いが強い。進路は今大会次第と思っています」と思い切ったプレーに込めていた気持ちを明かした。

2得点1アシストの活躍を見せた市立船橋MF丸山侑吾【写真:平野貴也】
2得点1アシストの活躍を見せた市立船橋MF丸山侑吾【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、市立船橋が5-1で初戦を突破

 全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は24日に徳島県で開幕し、市立船橋(千葉)は5-1で草津東(滋賀)を破って2回戦に駒を進めた。2得点1アシストの活躍を見せた攻撃的MF丸山侑吾(3年)は、「初戦で、最初はすごく硬さがあったけど、やっていくなかで、自分たちはいけるという自信があった。今日は自分を信じ切ることができました。本当に、この大会にかける思いが強い。進路は今大会次第と思っています」と思い切ったプレーに込めていた気持ちを明かした。

 丸山は、ドリブル突破が武器のプレーヤーだ。しかし、波多秀吾監督が「彼は、パンチのあるタイプではない。(大体は)ドリブルで運んでアシスト。GKと1対1にならないと、なかなか点を取れないようなところはある。攻撃では十分、特長を発揮してくれているけど」と話すように、前に仕掛けた後の仕事を課題としていた。

 しかし、この日は前半に左サイドの突破から低くて鋭いクロスをゴール前に送って先制点をアシスト。前半のうちに追いつかれたが、セットプレーから再び勝ち越すと、今度は丸山が連続得点を奪う。前半終了間際、右サイドからのパスをゴールへプッシュして3-1。さらに後半9分には自ら突破してシュート。相手に防がれたが、こぼれ球に誰よりも早く反応してボレーシュートでゴールへ押し込み、4-1とリードを広げた。ボールを持てば前へ運んでチャンスを作り出し、決めきるところまで関わるプレーで存在感を発揮。波多監督も「いつもより、ドリブルが効いていたし、思いを感じるプレーだった」と評価した。

 以前は技術頼みの選手だったが、力強さが出てきた。丸山は、清水エスパルスのジュニアユース出身。ユースに昇格できず、市立船橋を進路に選んだ。丸山は「指導してくれるスタッフが常に見てくれていて、声をかけてくれたから、今がある。1年の時は足元の勝負ばかりしか考えていなかったけど、ピッチ外の取り組みが大事なんだと気づかせてくれた」と振り返る。自分の好きなプレーにこだわるばかりでなく、チームの助けとなる選手へと少しずつ変わってきた。

 得意のドリブルも以前は立ち止まって技術勝負を仕掛けていたが、相手とぶつかりながら前に進むプレーも身につけてきた。波多監督は「丸山は入学当初、ご飯も全然食べられなかったけど、今では誰よりもよく食べる。筋力トレーニングは、チームで行う時間以外にも取り組んでいた。高い意識で取り組んでいる選手。明るくて、仲間の面倒見が良い奴。誰にでも声をかけて、前向きにプレーをさせられる。チーム内で助かっている」と、その成長を認める。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集