[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「打たれる事が怖くないし、気にしない」 16安打で3失点完投できる慶応・小宅雅己の思考【センバツ】

18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第4回は小宅雅己投手(新2年)。森林貴彦監督が提唱する「Thinking Baseball」に憧れて慶応に入学。最大の武器は「打たれることが怖くない」というマウンドさばきにある。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川 知世)

どんな状況でも動じない強心臓の2年生右腕・小宅雅己【写真:中戸川知世】
どんな状況でも動じない強心臓の2年生右腕・小宅雅己【写真:中戸川知世】

慶応の注目選手紹介、初戦は21日・仙台育英戦

 18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第4回は小宅雅己投手(新2年)。森林貴彦監督が提唱する「Thinking Baseball」に憧れて慶応に入学。最大の武器は「打たれることが怖くない」というマウンドさばきにある。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川 知世)

 強心臓の2年生右腕が、全国の強打者に挑む。小宅の武器はどんな状況でも動じないマウンドさばき。秋の関東大会、準々決勝・昌平(埼玉)戦は16安打を浴びながら、3失点に留めて120球完投。「メンタルが強いとかではなく、打たれても気にしない。打たれることがそんなに怖くない」。独自の思考でマウンドに立つ。

 181センチの長身からスーっと糸を引く球を投げおろす。中学時代から変化球が好き。自信を持つのは、ダルビッシュ有(パドレス)の動画を参考にキレを磨いてきたスライダー。最速141キロの直球、フォーク、カットボール、チェンジアップと合わせ、5球種を操る。「変化球もストレートもキレで勝負したい。持ち味なので」と自負する球の質に注目だ。

森林貴彦監督(右)とブルペンで談笑する小宅【写真:中戸川知世】
森林貴彦監督(右)とブルペンで談笑する小宅【写真:中戸川知世】

 出身は栃木・宇都宮。慶応を選んだのは、森林監督の著書「Thinking Baseball」を読んだことがきっかけ。中学時代に負った腰椎分離症を抱えて入学。「考えて楽しむ」という慶応らしい環境下で、リハビリもメニューを工夫しながら成長した。故障も癒え、サイド右腕・松井喜一(新3年)と二枚看板に期待されるほどになった。

 今大会で倒したい相手がいる。地元・栃木から関東大会8強の作新学院と21世紀枠・石橋の2校が出場。2校にはかつて対戦した選手や仲の良い選手も在籍する。「戦いたい。地元ですけど、倒したいし、投げ勝ちたい」。初戦の相手は仙台育英(宮城)となったが、甲子園で“再会”するまで勝ち進む覚悟だ。

 センバツ出場が決定した後、中学時代に所属したチームの監督に挨拶に行くと「なかなか行けない舞台だから頑張ってこいよ」と励まされ、力をもらった。「三振も取るし、打たせたい場面は打たせる。臨機応変に対応できれば」。勝負は熱く、心はクールに。持ち前のマウンドさばきで勝利に導く。

(THE ANSWER編集部・中戸川 知世 / Chise Nakatogawa)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集