[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京六大学に憧れ、門を叩いた慶応の4番 2年生・加藤右悟の念願は甲子園に響く「若き血」【センバツ】

18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第1回は加藤右悟外野手(新2年)。東京六大学野球に憧れて入学した4番は、伝統の応援歌に思いを巡らせ、夢の甲子園での活躍を誓う。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川知世)

伝統の「KEIO」の4番を張る新2年生の加藤右悟【写真:中戸川知世】
伝統の「KEIO」の4番を張る新2年生の加藤右悟【写真:中戸川知世】

センバツ高校野球、慶応は5年ぶり10度目の出場決定

 18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第1回は加藤右悟外野手(新2年)。東京六大学野球に憧れて入学した4番は、伝統の応援歌に思いを巡らせ、夢の甲子園での活躍を誓う。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川知世)

 東京六大学に憧れ、栃木からやってきた2年生が、伝統の「KEIO」の4番を張る。中学時代に全国大会の経験も持つ加藤は「チームが1つにならないと絶対勝てない。主将や上級生をしっかり信じてついていけるように頑張りたい」と聖地でのプレーに胸を躍らせた。

 小学生の時、東京六大学に憧れた。「かっこいいと思って」。慶大系属校の慶応の存在は知らず、最初に目指したのは栃木の実家から5分の場所にある作新学院。だが、中学時代に森林貴彦監督が提唱する「Thinking Baseball」の考えを知って「自分が成長できる」と感化され、越境入学を選んだ。

入学して最も変わったことは野球に対する考え方と話す【写真:中戸川知世】
入学して最も変わったことは野球に対する考え方と話す【写真:中戸川知世】

 入学してから1年足らず、最も変わったのは野球に対する考え方。中学までは直球も変化球も絞らず、打席で待った。ただ、高校では投手のレベルが上がり、対応が難しくなる。「今はどちらも待ちつつ、場面によっては変化球だけを待つこともある」。その時、監督には選手側から狙い球を提案する。

「自分たちで考えることができる。サインプレーも増えていて、細かい中で自分で考える楽しさは合っている」。慶応ならではの環境で才能を伸ばし、入学半年あまりで11本塁打。秋は3発を放ち、関東大会は1年生ながら4番に座って4強入り。センバツ切符を掴んだ。

 甲子園で楽しみにしていることがある。秋は吹奏楽部の応援が入り、中学生の頃からYouTubeで観ていた慶大伝統の応援歌「若き血」が響いた。しかも、今大会は声出し応援が解禁される。

「声出し応援は高校に入って初めて。『若き血』に声が入ることが楽しみ。応援を受けて、どんどん自分が盛り上がってプレーしていけたら」。アルプススタンドを4番のバットが盛り上げる。

(THE ANSWER編集部・中戸川 知世 / Chise Nakatogawa)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集