[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名将・前田三夫の後を継いだ帝京の36歳監督 初めての春は4強敗退「夏はやり返します」

高校野球の春季東京都大会は23日に準決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、2013年以来9年ぶりの優勝を目指した帝京は5-8で関東第一に敗れ、決勝進出はならなかった。名将・前田三夫前監督の後を継いだ36歳・金田優哉監督は試合後「監督の差。完全に私のミスです」と振り返った。

帝京の金田優哉監督【写真:中戸川知世】
帝京の金田優哉監督【写真:中戸川知世】

春季高校野球東京都大会・準決勝

 高校野球の春季東京都大会は23日に準決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、2013年以来9年ぶりの優勝を目指した帝京は5-8で関東第一に敗れ、決勝進出はならなかった。名将・前田三夫前監督の後を継いだ36歳・金田優哉監督は試合後「監督の差。完全に私のミスです」と振り返った。

 2点を追う5回の大量失点が痛かった。2番手で左腕・安藤翔(2年)をマウンドへ送ったが、先頭に四球を与えると、6本の安打を浴びて一挙5失点。安藤は6回以降は無失点で投げ抜き、打線も3本塁打が飛び出すなど13安打を放ったが、追いつくことはできなかった。

 春夏合わせて甲子園3度の優勝を誇る前田前監督が昨夏で勇退。ひと冬を越え、指揮官として初めての春を戦った金田監督は試合後、「監督の差です。完全に私のミス。選手は良いところを出してくれた。(敗因は)私の勝負勘」と振り返った。オコエ瑠偉(現楽天)らを育て、甲子園で春夏4強の経験がある関東第一の46歳・米澤貴光監督との差が出たことを認め、責任を背負った。

 悔やんだのはやはり5回の継投。「安藤も終盤良く投げましたけど、関東第一の足だったりが精神的に来ていた」。5本の内野安打を記録した関東第一の脚力に終始苦しめられた。2年生エースの高橋蒼人を登板させることも想定していたが、試合展開からこの日は出番なしに。「思った以上に点数を取られてしまったので。相手のペースにはまってしまった」と反省した。

 帝京出身の金田監督は02年夏の甲子園で選手として4強入りを経験。11年から母校のコーチになった。帝京はその11年が最後の夏の甲子園となっている。「(関東第一の強さを)経験できたのは大きい。夏はやり返しますよ」とリベンジを誓っていた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集