[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校生よ「1人で悩まないで」 “不安明かす大切さ”知るケイリン脇本雄太のエール

ケイリンで東京五輪のメダル獲得を目指す脇本雄太(日本競輪選手会)が、8日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画に登場した31歳のトップ選手は、インターハイ中止という経験から前を向く全国の高校自転車競技部を対象に授業を行い、1人で悩まないことの大切さを説いた。

「オンラインエール授業」に登場したケイリンで東京五輪のメダル獲得を目指す脇本雄太
「オンラインエール授業」に登場したケイリンで東京五輪のメダル獲得を目指す脇本雄太

ケイリン日本代表が「オンラインエール授業」で全国の自転車競技部に夢授業

 ケイリンで東京五輪のメダル獲得を目指す脇本雄太(日本競輪選手会)が、8日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画に登場した31歳のトップ選手は、インターハイ中止という経験から前を向く全国の高校自転車競技部を対象に授業を行い、1人で悩まないことの大切さを説いた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 脇本が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第22回に登場したのが、東京五輪でメダル獲得を狙う脇本だった。福井・科学技術高で自転車競技を始め、わずか1年後の2005年から国体・少年1000メートルタイムトライアルで2連覇。08年に競輪デビューし、G1通算4勝。16年には競技としてのケイリンでリオ五輪出場。17年12月のW杯で日本勢14年ぶりの優勝を果たすなど、日本の競技界を引っ張る存在だ。

 画面を興味津々に見つめる学生の前で、脇本は「堅い気持ちでいるのは苦手なので、学生さんたちは地元にいる高校の先輩のような感じで、軽く聞いてくれると僕自身もうれしく思います」と挨拶。始めに、自転車競技との意外な出会いを明かした。

 高校から競技を始めた脇本だが、中学時代は他の運動をしていたわけではなく、文化系の科学部に所属していた。学校の中庭などの環境整備などを主に行っていたという、予想外の事実に参加者が驚く中、高校から自転車部に入った理由についてはこう話した。

「同級生で仲のいい友達がいて、友達が自転車が好きで、一緒にやらないかということで誘われて、俺もやると(笑)。軽いノリでトラックを始めて、今に至るという感じですね。僕自身も、友達と一緒に部活をやりたいという意思だけで」

 きっかけは思いがけないものだったが、五輪という目標を見据えるまでは時間はかからなかった。ぐんぐん実力を伸ばし、高2の国体で優勝。「それから(五輪が)初めて視界に映って、高3の終わり際で本格的に目指したいと」。3年間で自転車競技の魅力にはまり、16年のリオで五輪出場を実現した。

「高校生の時に五輪を目指したいという気持ちがあって、その意志が自分の今の環境を生んだのかなと思う」と感慨深げに振り返る脇本。夢を描いた高校3年間については「自分の人生のすべてじゃないかと。それくらい大きな出来事だったと思います」と自身にとって重要であったことを伝えた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集