[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪王者チェンはいかに平昌の悪夢を払拭したか「勝つために来た、との考えをやめた」

北京五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェン。4年前の平昌五輪でも優勝候補と目されながら、ショートプログラム(SP)でミスが相次ぎ総合5位に終わっていた。4年越しの悲願達成には、技術の向上以外にもメンタル面の大きな変化があったという。米放送局「NBC」が設立したニュース専門局「CNBC」公式サイトが伝えている。

北京五輪フィギュア男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェン【写真:AP】
北京五輪フィギュア男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェン【写真:AP】

北京五輪フィギュア男子シングルで悲願の金メダル

 北京五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェン。4年前の平昌五輪でも優勝候補と目されながら、ショートプログラム(SP)でミスが相次ぎ総合5位に終わっていた。4年越しの悲願達成には、技術の向上以外にもメンタル面の大きな変化があったという。米放送局「NBC」が設立したニュース専門局「CNBC」公式サイトが伝えている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 チェンは18歳で臨んだ平昌五輪では、個人戦SPのジャンプでミスを連発。まさかの17位となり、フリーで巻き返したものの総合5位に終わっていた。北京五輪では団体戦男子SPで米国の銀メダル獲得に貢献。個人戦ではSPで羽生結弦の111.82点(2020年四大陸選手権)を超える113.97点で世界新記録をマークするなど金メダルを獲得。悔しさを晴らした。

「CNBC」は「ネイサン・チェンが金メダルを取る為に心に留めた7単語の考え方 『勝つためにここに来たと考えるのを止める』」との見出しで記事を掲載している。7単語とは「I stopped thinking “I’m here to win”」。記事では「チェンは平昌からの4年間、“成功”を再定義した」と説明し、本人の言葉を伝えている。

「自分が勝つためにここ来た、という考えをやめたんです。勝っても負けても、自分はそこから得る経験の方を求めたのです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集