[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

銀の17歳トルソワが号泣 自己ベストで及ばず、米記者が舞台裏公開「なんという混乱」

北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の17歳アンナ・シェルバコワ(ROC)は合計255.95点で金メダルを獲得した。SP4位の17歳アレクサンドラ・トルソワ(ROC)は同251.73点の銀メダル。米記者は「なんという混乱」と舞台裏でトルソワが号泣する動画をツイッターに公開している。

自己ベストを記録し、フィニッシュ後笑顔をみせるアレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】
自己ベストを記録し、フィニッシュ後笑顔をみせるアレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】

北京五輪フィギュアスケート女子フリー

 北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の17歳アンナ・シェルバコワ(ROC)は合計255.95点で金メダルを獲得した。SP4位の17歳アレクサンドラ・トルソワ(ROC)は同251.73点の銀メダル。米記者は「なんという混乱」と舞台裏でトルソワが号泣する動画をツイッターに公開している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 よほど悔しかったのか。カミラ・ワリエワ(ROC)がスタッフに抱かれながら泣いていたが、その後ろでトルソワも表情を崩して大粒の涙を流した。関係者に移動するように促されたが、拒むような素振りを見せた。

 動画を公開した米ニュースサイト「アクシオス」のケンドール・ベイカー記者は、文面で「トルソワはワリエワについて怒っているかのように見えたが……彼女は銀メダルだったことに腹を立てていたようだ。なんという混乱」と説明した。トルソワは4回転5本を跳ぶ好演技で自己ベスト177.13点をマーク。しかし、同じく自己ベスト175.75点だったシェルバコワに合計点で及ばなかった。

 SP首位だったワリエワは4位だった。昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示していたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が今大会の出場継続を認めて演技。シニア転向後、国内外の大会で初黒星を喫した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集