[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙の坂本花織、ROC勢に食い込むSP3位に海外称賛「唯一の希望」「これぞ真のスケート」

北京五輪は15日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)が自己ベストとなる79.84点を記録。カミラ・ワリエワらROC(ロシア・オリンピック委員会)勢に割って入る3位となった。

女子SP、自己ベスト79.84点の3位と好発進した坂本花織【写真:AP】
女子SP、自己ベスト79.84点の3位と好発進した坂本花織【写真:AP】

北京五輪・フィギュア女子SP

 北京五輪は15日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)が自己ベストとなる79.84点を記録。カミラ・ワリエワらROC(ロシア・オリンピック委員会)勢に割って入る3位となった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 涙を堪えきれなかった。この日の大トリを務めた坂本。冒頭の2回転アクセルからジャンプは全て成功し、大きなミスなく滑りきった。やりきった表情を浮かべたフィニッシュ後、リンクを離れる際には涙を流した。キス・アンド・クライで自己ベスト更新を確認すると、再び感極まった表情を浮かべた。

 ドーピング騒動に揺れた1位ワリエワ、2位シェルバコワ、4位トルソワのROC勢に割って入る3位。ツイッター上の海外選手、識者からも称賛の声が続出した。2014年ソチ五輪団体銅メダルのアシュリー・ワグナー(米国)は「このショートで幸せになれる瞬間をくれたカオリ・サカモト、ありがとう」と演技直後に記した。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターは「世界中からの思いがカオリ・サカモトをマントルのように囲んでいた。フィギュアスケートに対する希望と愛が羽となって、彼女が舞うのを助けているかのようだった。そしてグラディエーターの音楽は五輪のテーマ曲になった。胸がいっぱいよ」と最大限の賛辞を送っていた。

 このほか元カナダ王者ナム・グエンは「カオリの美しいスケート! これぞ真のスケートとパワーだ」と称えたほか、米名物フィギュア記者のジャッキー・ウォン氏は「カオリ・サカモト、あなたは私たちの唯一の希望です」「彼女のSPは今日一番だった」と最終滑走での好演を評価していた。

 五輪では女子史上5人目となる3回転アクセルに成功し、5位となった樋口新葉とともにSPトップ5入りを果たした坂本。メダルが決まる17日のフリーでも期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集