[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5人失格ジャンプ混合 国際スキー連盟「正式抗議なし」と米報道「スーツは大きすぎた」

北京五輪で7日に行われた新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)は計4か国5人がスーツ規定違反で失格となった。国際スキー連盟(FIS)の見解を米メディアが伝えている。

ドイツのカタリナ・アルトハウス【写真:AP】
ドイツのカタリナ・アルトハウス【写真:AP】

スキージャンプ混合で日本、ドイツなど4か国5人が失格に

 北京五輪で7日に行われた新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)は計4か国5人がスーツ規定違反で失格となった。国際スキー連盟(FIS)の見解を米メディアが伝えている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 失格となったのは、ドイツの女子個人ノーマルヒル銀メダリストのカタリナ・アルトハウスら、計4か国5人。その対象となった国々の関係者、メディアからさまざまな意見が上がり、反発もあった。失格となった日本の高梨沙羅は、8日にインスタグラムで謝罪の言葉もつづった。

 米誌「ピープル」は「失格となった女子5選手は空気力学的に有利になっていたという」との見出しで記事を掲載。失格判定についてのFISの見解を伝えている。記事よると、FISは「大会前に、ウェアのテストの機会を全チームに与えていた。しかし、そのテストを受けたのは数チームだけだった」と明らかにしたという。

 失格判定については「失格チームのスーツは大きすぎた。空気力学的に有利になっていた」と説明。「失格チームから正式な抗議は届いていない」とも伝えている。

(THE ANSWER編集部)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集