[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ワリエワの衝撃を軽く超えた」 演技後に目撃された“鉄の女”コーチのポーズが話題

北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点でこの種目1位となった。得点発表を待つキス・アンド・クライでは代表チームとお茶目なポーズを披露。“鉄の女”で知られる名コーチもおどけてみせた様子に、ネット上では「ワリエワの衝撃を軽く超えた」と注目を集めている。

フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

北京五輪フィギュアスケート団体戦

 北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点でこの種目1位となった。得点発表を待つキス・アンド・クライでは代表チームとお茶目なポーズを披露。“鉄の女”で知られる名コーチもおどけてみせた様子に、ネット上では「ワリエワの衝撃を軽く超えた」と注目を集めている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 衝撃の五輪デビュー直後だ。キス・アンド・クライの一コマ。ワリエワはチームと一緒にポーズを取った。両手を頭の上に突き刺し、腕でハートマークを表現。隣のエテリ・トゥトベリーゼ氏も体を左右に傾けながらみんなで喜びを表現した。

 トゥトベリーゼ氏は、前回女王アリーナ・ザギトワら数々の選手を輩出してきた名コーチ。徹底した指導もあり、ロシアでは「鉄の女」とも呼ばれるなどあまり感情を表に出さないことで知られている。しかし、この日ばかりは教え子とニッコリ。もともと冷徹な印象があったこともあり、ネット上では日本のファンの中で話題となっている。

「ワリエワちゃんが五輪でも安定の90出した衝撃を軽く超えていった」
「エテリ氏がこんなことやるとは」
「エテリ、こんな有頂天になることあった?ww」
「エテリ先生(比較的)ご機嫌だわ!」
「こんな上機嫌なエテリ珍しい」
「衝撃的だった」
「歴史に残るキスクラ」

 ワリエワの演技が北京から世界に衝撃を走らせたが、思わぬ注目ポイントもあったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集