[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

解説の記事一覧

  • 「タン!タン!パーン!あれは運じゃないけんね」 久保竜彦が覚醒を望む次代センターFW上田綺世ゴールの理由

    2024.01.15

    サッカー・アジアカップカタール大会は14日、グループリーグ初戦で世界ランク17位・日本が同94位・ベトナムに4-2で白星発進した。一時逆転を許しながら再逆転で勝利を飾ったアジアNo.1への船出。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が1年ぶりに東京・中目黒にあるTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を観戦。日本の初戦を分析した。全3回の第3回。「余裕を持ってプレーできた選手が遠藤だけ」と課題を指摘したが、FWで今大会の覚醒を期待する選手が一人いる。長く日本代表を引っ張って来た大迫勇也の後継者とみるストライカーとは――。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「7割の力で何人できるかがアジアとW杯の違いよな」 ベトナム戦で唯一、久保竜彦が違いを感じた日本のアイツ

    2024.01.15

    サッカー・アジアカップカタール大会は14日、グループリーグ初戦で世界ランク17位・日本が同94位・ベトナムに4-2で白星発進した。一時逆転を許しながら再逆転で勝利を飾ったアジアNo.1への船出。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が1年ぶりに東京・中目黒にあるTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を観戦。日本の初戦を分析した。全3回の第2回。よもやの苦戦を強いられた試合において「俺が違いを感じたのは一人おったな」という。今後、W杯で8強以上を本気で目指し、世界で戦う上で選手たちに必要なメンタルとその重要性を訴えた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「大嫌いやったよトルシエ。でもベトナム強くなったな」 天敵の久保竜彦も驚いた、優しくなった赤鬼の魔術

    2024.01.15

    サッカー・アジアカップカタール大会は14日、グループリーグ初戦で世界ランク17位・日本が同94位・ベトナムに4-2で白星発進した。一時逆転を許しながら再逆転で勝利を飾ったアジアNo.1への船出。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が1年ぶりに東京・中目黒にあるTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を観戦。日本の初戦を分析した。全3回の第1回。現役時代、2002年日韓W杯を目指した日本代表でプレーし、当時は指揮官としてソリが合わず“天敵”だったフィリップ・トルシエ監督が進化させたベトナムサッカーに受けた驚きと思い出を語った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • W杯ラグビー日本に現れた「Xファクター的存在」 エディー・ジョーンズが見た「福岡堅樹の役割を担う選手」

    2023.09.11

    ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は10日、プールDが行われ、10大会連続10度目の出場となった世界ランク14位・日本が同22位チリに42-12で快勝。計6トライでボーナスポイントを含めた勝ち点5を獲得する好発進となった。「THE ANSWER」では、2015年大会を率いて「ブライトンの奇跡」を演じた元日本代表ヘッドコーチ(HC)で、今大会は豪州代表のHCを務める世界的名将エディー・ジョーンズ氏が特別観戦記を寄稿。日本の勝利を2つの視点から分析し、対戦相手にとって「Xファクター(未知の要因)的存在」となる存在を見出し、「2019年W杯の福岡堅樹のような役割を担う選手になる」と称賛した。(構成=THE ANSWER編集部・佐藤 直子)

  • バスケ日本、八村塁が加わればパリ五輪へアップグレード 渡邉拓馬「楽しみは富樫と河村のPG争い」

    2023.09.03

    バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は2日、順位決定リーグ第2戦で世界ランク36位の日本が同64位カーボベルデを80-71で下し、アジア勢1位が確定。48年ぶりに自力でのパリ五輪出場を決めた。元日本代表・渡邉拓馬氏(京都ハンナリーズGM)はカーボベルデ戦を通して今大会を総括。出場権を獲得したパリ五輪に向け、今大会は出場を辞退した八村塁の参加、富樫勇樹と河村勇輝のポイントガード争いに注目した。(構成=藤井 雅彦)

  • かつて大谷翔平も行ったPRP療法を施すケースも増 DeNAバウアーの「右腸腰筋遠位部損傷」とは

    2023.09.02

    プロ野球・DeNAのトレバー・バウアー投手が1日、出場選手登録を抹消された。8月30日の阪神戦の打球処理時に負傷し、右腸腰筋遠位部損傷と報じられている。故障と予想される復帰へのプロセスについて、トップアスリートの専属トレーナーを務める芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

  • W杯バスケ日本を救った「比江島タイム」発動の理由 渡邉拓馬「センスは他の選手とは格が違う」

    2023.09.01

    バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は31日、順位決定リーグで世界ランク36位の日本が同17位のベネズエラに86-77で逆転勝ち。自力では48年ぶりとなるパリ五輪出場に王手をかけた。チーム最年長33歳・比江島慎が第4クォーター(Q)に17得点を挙げ、両チーム最多23得点をマーク。勝利の立役者となった。順位決定リーグのキーマンに比江島を挙げていた元日本代表・渡邉拓馬氏(京都ハンナリーズGM)は、大舞台で発動した「比江島タイム」の理由に異次元のメンタル、センスを特筆し、「サッカー選手で例えるとメッシ選手のような抜きん出た存在」と絶賛した。(構成=藤井 雅彦)

  • W杯バスケ日本、パリ五輪かけた残り2戦のキーマン 渡邉拓馬「得点欲しい場面で彼の右に出る者いない」

    2023.08.30

    バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は29日、1次リーグ最終戦で世界ランク36位の日本が同3位のオーストラリアに89-109で敗れ、1勝2敗で2次リーグ進出ならず。元日本代表・渡邉拓馬氏(京都ハンナリーズGM)は完敗を喫したオーストラリア戦を振り返り、今大会アジア勢最上位に与えられる2024年パリオリンピック出場権がかかる17~32位順位決定リーグのキーマンの一人に比江島慎を挙げた。(構成=藤井 雅彦)

  • W杯大金星、日本バスケ史で語り継がれる河村勇輝の衝撃 渡邉拓馬「後半連続3Pの布石も見逃せない」

    2023.08.28

    バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は27日、1次リーグ第2戦で世界ランク36位の日本が同24位のフィンランドに98-88で勝利。17年ぶりのW杯勝利という歴史的1勝を挙げた。最大18点差がありながら、10点ビハインドで迎えた最終クォーター(Q)に逆転勝ち。元日本代表・渡邉拓馬氏(京都ハンナリーズGM)は立役者となった河村勇輝のインパクトを「日本のバスケット史で後世まで語り継がれるもの」と評した。(構成=藤井 雅彦)

  • 完敗バスケ日本、不発に終わった3P戦術成功へのヒント 渡邉拓馬「馬場雄大の縦のアタックで流れ」

    2023.08.26

    バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は25日に開幕し、1次リーグE組の日本(世界ランク36位)はドイツ(同11位)に63-81で完敗し、黒星発進。武器の3Pは35本中6本、成功率17%と不発に終わり、18点差をつけられた。この試合を元日本代表・渡邉拓馬氏(京都ハンナリーズGM)はどう見たのか。結果は「現状の力通り」としながら、不発に終わった3P戦術成功へのヒントを見出した。(構成=藤井 雅彦)

  • 大谷翔平の復活に欠かせない「精神面の強さ」 TJ手術か保存療法か、復帰プロセスを専門家が解説

    2023.08.25

    右肘の内側側副靭帯損傷と診断されたエンゼルス・大谷翔平投手について球団は24日(日本時間25日)、今季の残り試合では登板しないと発表した。2018年にトミー・ジョン(TJ)手術を受けていた二刀流のスーパースターのキャリアにとって重要になる2つの選択肢と、予想される復帰へのプロセスについて、トップアスリートの専属トレーナーを務める芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

  • 涙の8強敗退なでしこ、世界一に届かなかった理由 永里亜紗乃「スコア以上の差、前半の内容が顕著」

    2023.08.12

    サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は11日、ニュージーランド・オークランドで行われた準々決勝で日本代表・なでしこジャパンがスウェーデンに1-2で敗れ、8強敗退。1次リーグから全勝だった快進撃は止まった。元日本代表FWで2015年W杯カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんは「スコア以上の差を感じる試合」と指摘し、敗因を分析。来年のパリ五輪、4年後の次回大会へ向け、エールを送った。(構成=藤井 雅彦)

  • MLB(米大リーグ)のワイルドカードとは プレーオフの仕組みを解説

    2023.08.08

    MLBのワイルドカードとは、各地区の首位以外で、プレーオフ出場権を与えられるチーム。2022年からは、各リーグ3つの枠が用意されている。各地区の首位3チームを除いて勝率が最も高い3チームがワイルドカードとしてプレーオフに出場する。

  • なでしこ、快進撃8強に見た日本女子サッカーの成長の跡 永里亜紗乃「縦に速い攻撃ができるように」

    2023.08.06

    サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は5日、ニュージーランド・ウェリントンで行われた決勝トーナメント1回戦で日本代表・なでしこジャパンがノルウェーを3-1で下し、準優勝したカナダ大会以来2大会ぶりの8強入りを決めた。当時の準優勝メンバーでもある元日本代表FWの解説者・永里亜紗乃さんは1次リーグから全勝の快進撃を続ける後輩たちを称賛し、特に3点目に見られた日本の女子サッカーの成長を特筆した。(構成=藤井 雅彦)

  • なでしこ、完璧すぎるスペイン4-0撃破の理由 永里亜紗乃「スペインに“持たせていた”感覚に近い」

    2023.08.01

    サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は26日、ニュージーランド・ダニーデンで行われた1次リーグC組第3戦で日本代表・なでしこジャパンがスペインを4-0で下し、3連勝。勝ち点9とし、4大会連続の決勝トーナメントを1位通過で決めた。元日本代表FWで2015年W杯カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんは完璧な戦いぶりの理由を明かしながら、決勝トーナメントに向けた期待を込めた。(構成=藤井 雅彦)

  • 佐々木朗希に「焦りは禁物」 左わき腹の肉離れで離脱、気になる復帰プロセスを専門家が解説

    2023.07.28

    プロ野球・ロッテは25日、佐々木朗希投手が千葉県内の病院で左内腹斜筋損傷と診断されたと発表した。6回4安打1失点と好投した24日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)に登板後、左わき腹に違和感を感じたという。予想される復帰へのプロセスを、トップアスリートの専属トレーナーを務める芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

  • 2連勝なでしこ、W杯上位進出を狙うからこその課題 永里亜紗乃「2-0以降の時間帯に物足りなさ」

    2023.07.27

    サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は26日、ニュージーランド・ダニーデンで行われた1次リーグC組第2戦で日本代表・なでしこジャパンがコスタリカを2-0で下し、開幕2連勝。勝ち点6とし、4大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。元日本代表FWで2015年W杯カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんは2連勝を「妥当な結果」と評し、勝ったからこそ向き合うべき課題を指摘した。(構成=藤井 雅彦)

  • なでしこ、5-0大勝の裏で目を引いた20歳DF石川璃音 永里亜紗乃「代表3戦目と思えない落ち着き」

    2023.07.23

    サッカーのFIFA女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は22日、ニュージーランド・ハミルトンで行われた1次リーグC組第1戦で日本代表・なでしこジャパンがザンビアを5-0で下し、白星発進した。元日本代表FWで2015年W杯カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんはこの試合をどう見たのか。大勝の裏で目立ったディフェンスを特筆し、さらに目を引いた選手として20歳DF石川璃音を挙げた。(構成=藤井 雅彦)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集