[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手の疲れは「頭の位置」で分かる? 箱根駅伝「フィジカル的 TV観戦ガイド」

第95回を迎える、東京箱根間往復大学駅伝競走が2、3日に開催される。今年は総合優勝5連覇がかかる青学大と、その猛進をどの大学が阻止するのかに最大の注目が集まっている。もちろん、箱根駅伝を観る楽しみは勝敗や順位の行方だけではない。「THE ANSWER」では、青学大駅伝チームのトレーニングを担当する中野ジェームズ修一氏に聞いた、箱根駅伝で勝ち続ける難しさとテレビ観戦時の楽しみ方を前後編でお届けする。

箱根駅伝のテレビ観戦において見るべきポイントの一つが体型だ【写真 : photolibrary】
箱根駅伝のテレビ観戦において見るべきポイントの一つが体型だ【写真 : photolibrary】

青学大トレーナー中野ジェームズ修一氏に聞く「箱根駅伝の楽しみ方」後編

 第95回を迎える、東京箱根間往復大学駅伝競走が2、3日に開催される。今年は総合優勝5連覇がかかる青学大と、その猛進をどの大学が阻止するのかに最大の注目が集まっている。もちろん、箱根駅伝を観る楽しみは勝敗や順位の行方だけではない。「THE ANSWER」では、青学大駅伝チームのトレーニングを担当する中野ジェームズ修一氏に聞いた、箱根駅伝で勝ち続ける難しさとテレビ観戦時の楽しみ方を前後編でお届けする。

 ◇ ◇ ◇

 箱根駅伝には毎年、たくさんの方が沿道に駆け付け、声援を送られています。初めて生で駅伝を観る方は、まず、あっという間に目の前を走り去るスピード感に圧倒されるのではないでしょうか? 

 一方、テレビ観戦では生で見るスピード感は欠けますが、選手個々の表情やフォームの変化など、フィジカルの点から、レース展開の予想を楽しめます。

 見るポイントの一つは体型です。毎年、テレビ観戦をしている方であれば、昨年との違いに着目するのも面白いでしょう。

 長距離選手は基本的に、体重が軽い方が有利といわれます。イメージでいうと、軽自動車にポルシェのエンジンを載せている感じです。しかも、スピードが出ても構造(フォーム)は壊れない、というのがベスト。

 車のエンジンにあたるのは、心肺機能です。軽自動車よりも大型トラックの方がエンジンのパワーが必要とされるのと同様、体の大きい選手がスピードを上げるには、体重の軽い選手よりも高い心肺機能が必要です。とはいえエンジンの大きさは簡単には変えられないので、以前よりも上半身が大きくなったり、脚が太くなったりしている選手は、体力が落ちやすくなっている可能性があります。

1 2 3

中野ジェームズ修一

スポーツトレーナー

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集