[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのプログラムはどう作られる? “芸術家タイプ”の振付師とは意外な苦労も…

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんがプログラムの作り方を明かす【写真:AP】
元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんがプログラムの作り方を明かす【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#68 中野友加里が答える「17のギモン」11問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。11問目は「プログラムはどう作るの?」。

 ◇ ◇ ◇

 氷上で華麗に舞うフィギュアスケート選手たち。それぞれが曲を選び、個性あふれる振り付けで舞う。一般的にオフシーズンから作り込み、複数シーズンにまたがって滑る選手もいる。いったい、どんな風にプログラムは作られるのか。中野さんが明かす。

「トップ選手なら米国やカナダ、ヨーロッパに渡って振り付けをしてもらい、持ち帰って日本で磨くことが一般的です。私は2月に行われる4大陸選手権、3月の世界選手権などで普段は米国に滞在しているマリーナ・ズエワさんと会い、その際に話をしました。翌シーズンは何を滑ろうか、どんな曲にしようかと。まだシーズンが終わっていない段階ですが、すでにビジョンを決めていました。

 良いプログラムを作るために大切なことは、振付師の先生と選手の気持ちを合わせること。もし合わない場合、先生が途中で作る気をなくすかもしれない。逆に選手がその曲に気乗りしないまま臨むと、シーズン途中でプログラムを変更することもある。振付師の先生と選手がよく話し合い、目指すべき方向性をしっかりと決めてから、振り付けに入った方がスムーズに行くと私は思います」

 振付師には、どんなアプローチで依頼するのか。

「私の場合、初めて海外でお願いした振付師は有名なデビッド・ウィルソンさん。伊藤みどりさんを担当していたので、私がみどりさんと同じ山田満知子先生に習っていたこともあり、山田先生に紹介いただきました。マリーナさんは佐藤有香さんが同じデトロイトでスケートコーチをされていたので、有香さんからのご紹介。何の縁もなく、依頼を受けてもらうことは難しいので、紹介のケースが多いと思います」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集