[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア滑走順、グループ1番目と6番目どっちが有利? 意外と「3番目」が難しいワケ

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんが滑走順について解説【写真:荒川祐史】
元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんが滑走順について解説【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#26 中野友加里が答える「17のギモン」4問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な17のギモンに答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。4問目は「フィギュアスケートは組の1番目と6番目どっちが有利?」。

 ◇ ◇ ◇

 滑る順番も勝負を左右するフィギュアスケート。一般的に、ショートプログラム(SP)は大会前の抽選で滑走順が決まる。

 1組6人で行われることが多く、組ごとに6分間練習と呼ばれる調整を行った後で演技に移る。組の1番滑走はそのまま演技に入り、フリーになると6番滑走は30分以上待つこともある。選手にも好きな順番が多く、それぞれにメリットやデメリットがある。

「あくまで、私の個人的な意見ですが」と前置きした上で、中野さんがそれぞれを解説する。まずは1番目。

「6分間練習の直後なので、一番体が温まった状態で滑ることができます。半面、演技開始までに息を整える必要があり、フリーなら4分という長い時間を滑るスタミナを残しておかなければいけない。6分間をフルに練習してしまうと、体力が持たないので、使えるのは実質5分程度。残り1分は強度を落とし、リンク上での確認時間が減ってしまう欠点もあります」

「最も滑りやすかった」と中野さんが言うのが、2番目だ。

「2番目は6分間、フルに練習できる上に1番目の選手が滑っている間に呼吸を整えることができます。控え室に戻る時間はないので、リンク近くで表から見えないバックヤードで上着を着て、少しだけ動きます。なおかつ、スケート靴を一度脱がなくてもいいというのも利点です」

 3番目になると、この“スケート靴の着脱”の判断が難しい。

「私にとって最も微妙な順番でした。スケート靴を履いていると、だんだんと足が固まり、靴紐もきつく締めているので、血流も悪くなってしまう。そう考えると一度脱いだ方がいいのですが、靴を脱いだ分、バックヤードで椅子に座って動かずにいると体が冷えてしまう。もう一度アップするには時間が足りない。私は思い切って靴を脱ぐ派でしたが、選手によってさまざま。3番目はやりくりが最も難しかったです」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集