[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアスケートの審判は何を見てる? 意外と知らない「ジャッジ」の仕事とは

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんが審判員について解説【写真:Getty Images】
元フィギュアスケート日本代表の中野友加里さんが審判員について解説【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#20 中野友加里が答える「17のギモン」3問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんはビギナーファン向けに、競技にまつわる素朴な17のギモンに答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。3問目は「審判員はどんな仕事をしてる?」。

 ◇ ◇ ◇

 採点競技であるフィギュアスケート。得点はジャンプ・スピン・ステップの3つの技に応じた「技術点」、スケーティング技術・トランジション・パフォーマンス・構成・音楽の解釈の5項目を評価する「演技構成点」の2つの要素を加算して決まる。

 その要素を採点するのが審判員であるが、彼らの仕事ぶりが伝わることは少ない。自身も審判員の資格を持つ中野さんは「一般的に『ジャッジ』と呼ばれ、3種類の審判員がいます」と解説する。

「まずは競技会と審判団を統括するイベントレフェリーが1人います。そして3人いる技術審判。テクニカル・スペシャリスト、テクニカル・コントローラー、アシスタント・テクニカル・スペシャリストと呼ばれ、選手が実行したジャンプやスピンなどの要素の種類やレベル(4段階)を判定し、コールする審判員です。回転不足や違反要素などの判定で注目されますが、GOEと呼ばれる出来栄え点や演技構成点はつけません。

 そして、もう一つが演技審判。最大9人がいます。技術審判が評価しないGOEをプラス・マイナス5点で評価し演技構成点の5項目それぞれを10点満点でつけていく。また、点数とは直接かかわりはありませんが、データ・オペレーター、リプレイ・オペレーターの記録と録画を担当する方が2人。基本的にはコールする技術役員の隣に座っています」

 審判席にはメモとペンを用意して座る。タッチパネルも設置されているが、演技中は極力見ない。

「私が審判員にまだなったばかりの頃、いかなる場合も可能な限り選手から目を離さないとアドバイスされました。実施された要素の出来栄えは手元を見ずに書いているので文字は汚く、自分しか読めないくらいです。パネルをしっかり見るのは、実行された要素を確認する演技後。目を離した隙に次の要素が行われる可能性があるので、演技中はモニターを見ないでリンクにいる選手に集中します」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集