[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

現代野球の進化証明した侍ジャパン投手陣 子供たちは「手段より思考」を学ぶべき理由

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。多くのプロ野球選手も加入するパフォーマンスオンラインサロン「NEOREBASE」主宰、ピッチングストラテジストの内田聖人氏は投手の“球”を独自の「ミカタ」で解説する。

最後の打者を抑え、甲斐拓也と優勝を喜ぶ栗林良吏(右)【写真:Getty Images】
最後の打者を抑え、甲斐拓也と優勝を喜ぶ栗林良吏(右)【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#89

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。多くのプロ野球選手も加入するパフォーマンスオンラインサロン「NEOREBASE」主宰、ピッチングストラテジストの内田聖人氏は投手の“球”を独自の「ミカタ」で解説する。

 7日に行われた決勝で日本は米国を2-0で下し、悲願の金メダルを獲得した。開幕投手を務めた22歳・山本由伸投手(オリックス)ら、若い投手の活躍が光った今大会。決勝は23歳・森下暢仁投手(広島)が先発し、守護神の25歳・栗林良吏投手(広島)まで4投手が完封リレーだった。最終回は大会を総括し、現代野球の進化を分析した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 完封リレーで金メダルを獲得した日本。その結果が素晴らしかったです。最後は、今の野球界の投手全体について考えてみたいと思います。

 最近の大きな変化は「パワー系の変化球投手」が増え、トレンドになっていること。150キロ以上のストレートを投げ、球が強く、変化球も優秀。その代表はダルビッシュ有投手(パドレス)であり、影響は日本にも大きいと感じています。

 日本のどの投手も、そのタイプに当てはまっていました。若い投手なら山本由伸投手(オリックス)、森下暢仁投手(広島)、伊藤大海投手(日本ハム)に栗林良吏投手(広島)ら。決勝で投げた千賀滉大投手(ソフトバンク)もそのタイプです。

 右上投げの投手なら、(1)自由落下に対して上方向のストレート、(2)左方向にスライドしながら落ちる、(3)下方向か、やや右にシュートしながら落ちる――同じ軌道から3方向に変化する球。スパイスとして大きく強く曲がるパワーカーブ系の球もあると打者は絞りづらくなります。

 この考えは「NEOREBASE」のオンラインサロンメンバーのお股ニキ氏が、以前から強く言っています。山本投手なら、150キロ後半のストレート、カット系のスライダーに大きなパワーカーブ、そしてフォークです。

 そういう投手が今、日本でも活躍しています。五輪のような短期決戦も強いですし、レギュラーシーズンも有利。メジャーリーグもそういう選手が多く、日米に限らず、活躍している選手に多くみられる特徴です。

 日本の象徴は山本投手でしょうか。持っているスペックがすべて高い。前述の3方向の球種ともに質が高く、現代野球の良い所どりをした投手であり、一番のお手本です。今の若手投手では、頭ひとつ抜けた存在になりつつある印象です。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集