[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナンバーエイト(NO8)の役割とは ラグビー・ポジション解説

ナンバーエイト(NO8)とは、背番号8をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるバックローを、フランカー(FL)とともに形成します。「エイトマン」とも呼ばれるフォワードのリーダーです。スクラムの際は最後尾に位置します。

アマナキ・レレィ・マフィ選手【写真:Getty Images】
アマナキ・レレィ・マフィ選手【写真:Getty Images】

ナンバーエイト(NO8)とは

 ナンバーエイト(NO8)とは、背番号8をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるバックローを、フランカー(FL)とともに形成します。「エイトマン」とも呼ばれるフォワードのリーダーです。スクラムの際は最後尾に位置します。

ナンバーエイトの役割

 スクラムでは最後尾から力を伝えて、攻撃の際はフロントローから送られてきたボールをキープすることが求められます。スクラムハーフ(SH)と連係しながら、時には密集地のサイドを自らボールをキャリーして突破する役割を担います。

 相手ボールのスクラムの際は、味方に状況を確認して伝える役割もあり、タックルで相手を止めることも求められます。また、時にはラインアウトでジャンパーを務めることもあり、フォワードの中ではボールに触る機会が多いポジションです。

ナンバーエイトの特徴

 スクラムやモールに参加し、自らのランでトライも狙い、守備ではタックルで相手を食い止め、時にはラインアウトでジャンパーを務めるなど、オールラウンドな選手が多く務めます。

 フィールドを縦横無尽に走り回り、攻守に渡ってチームの中心となるため運動量と的確な判断力が求められます。ラグビーの花形とされ、人気のあるポジションです。

日本代表のナンバーエイト

 2019年W杯には、2大会連続出場のアマナキ・レレィ・マフィ選手と、初出場の姫野和樹選手がフランカーと兼任で選出され、先発出場を分け合いました。

 4試合でナンバーエイトとして先発した姫野選手は、相手ボールを奪う得意技「ジャッカル」で一世を風靡。2019年の流行語大賞にもノミネートされました。サモア戦ではそのジャッカルを仕掛け、相手3人が剥がしに来ても全く動かない強靭なフィジカルを発揮しました。


世界のナンバーエイト

 2021年のトップリーグ・トヨタ自動車に所属するニュージーランド代表のキーラン・リード選手は元オールブラックスの主将で、2013年にワールドラグビー年間最優秀選手賞に輝いた名ナンバーエイトです。日本での生活も満喫しているようで、和服での写真をインスタグラムに公開して反響を呼びました。

 2019年W杯で南アフリカのナンバーエイトを務め、スプリングボクスの優勝に貢献したドゥエイン・フェルミューレン選手は、トップリーグのクボタでもプレーした世界屈指のエイトマンです。身長193センチ、体重117キロの屈強な体で、相手のタックルにも恐れず前に出る迫力満点のプレーでチームを牽引しました。イタリア戦では危険なプレーを受けて相手が退場する事態となり、注目を集めました。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集