[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本痛恨のPK献上前、見逃された相手の“反則” 中国主審のカード乱発も…議論生んだ判定の数々【アジア杯】

現地10日までカタールで行われたサッカーのアジアカップ(杯)はホスト国カタールの連覇で幕を閉じた。5度目の優勝を狙った日本代表は準々決勝で敗退。勢力図の変化も感じさせた大会では、不可解判定も少なくなかった。日本の敗退が決まった試合で相手が決勝点直前に見せた“ファウルスロー疑惑”は大きな話題に。大会序盤にイエローカードを連発した中国人主審も注目を集めた。

アジアカップ準々決勝で日本がイランにファウルでPKを献上【写真:ロイター】
アジアカップ準々決勝で日本がイランにファウルでPKを献上【写真:ロイター】

アジアカップで話題となった判定を回顧

 現地10日までカタールで行われたサッカーのアジアカップ(杯)はホスト国カタールの連覇で幕を閉じた。5度目の優勝を狙った日本代表は準々決勝で敗退。勢力図の変化も感じさせた大会では、不可解判定も少なくなかった。日本の敗退が決まった試合で相手が決勝点直前に見せた“ファウルスロー疑惑”は大きな話題に。大会序盤にイエローカードを連発した中国人主審も注目を集めた。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

○2月4日準々決勝日本―イラン

 グループリーグ(GL)で苦戦が続きながらも16強入りし、決勝トーナメント(T)1回戦でバーレーンを破った日本は準々決勝でイランと対戦。後半、イランのロングボール攻めに苦しみ、アディショナルタイムにPKを献上して力尽きた。

 しかしこの直前、イランがスローインの際に反則をしているのではないかと指摘されていた。ボールを持ったジャハンバフシュは、勢いをつけて敵陣ペナルティエリア内にロングスロー。リリース時に右足が上がり、両足が地面に接地していないように見えた。

 中継していたDAZNの放送席では、元日本代表の小野伸二氏、水沼貴史氏の解説の中で「ファウルスローですけどね」「足上がってる感じしますね」と指摘されていたプレー。X上の日本ファンからは完敗自体は認める声もありながら「完璧足離れてるやん」「この見落としってダメなやつじゃない!?」などと不満の声が上がった。韓国メディア「デイリアン」も「規定上これは反則」と指摘していた。

○1月15日GL韓国―バーレーン

 64年ぶりのアジア制覇を目指して臨んだ韓国の初戦は大荒れだった。90分で韓国5枚(ファウル数17回)、バーレーン2枚(ファウル数8回)のイエローが飛び交う展開。韓国はパク・ヨンウの膝が相手の顔付近に入ったほか、キム・ミンジェの後ろからのタックルもあったが、バーレーン選手が前半45分にピッチ中央で地面に這いつくばりながらハンドする場面も。試合後、韓国のクリンスマン監督はジャッジに苦言を呈し、韓国メディアも「バーレーンより怖かった曖昧判定」などと報じた。

 この試合の主審を務めたのは中国人審判員の馬寧氏。今大会では日本がイランに敗れた準々決勝だけでなく、決勝のカタール―ヨルダン戦でも笛を吹いた。中国人審判として初の“ファイナリスト”となったことで母国メディアは「誇りだ」と称賛。テクノロジーの進化を感じさせた大会で、良くも悪くも注目を集めた存在だった。

○1月16日GLサウジアラビア―オマーン

 今やサッカー界で当たり前となったビデオアシスタントレフェリー(VAR)。アジアカップでも重要シーンで“発動”し、試合の運命を分けたシーンも少なくなかった。とはいえ、VARはあくまで「介入」の域を脱することはなく、最後に判断するのは人間(主審)の目。その動きで混乱も生まれてしまった。

 サウジアラビアとオマーンの試合は1-1の同点のまま後半アディショナルタイムに突入し、サウジアラビアのアルブライヒが勝ち越しゴールを決めたかに思われたが、オフサイドの判定。その後にVARが介入した。結果、ゴールが認められたが、主審のジェスチャーの後になぜか失点したオマーンの選手が歓喜。一方サウジアラビアの選手は喜ばず、守備に戻っていた。

 主審のジェスチャーが分かりづらかったのか、両軍が勘違いした模様で、一度はオフサイドの位置からボールが蹴り出されたが、慌てた主審が再度ゴールを宣言。一転してサウジアラビアの選手は歓喜し、オマーンの選手は困惑の表情を浮かべた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集