[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松元克央、快挙を支えた3つの理由とは 厳しい名伯楽が語る「頂点カツオ」への課題

東京五輪金メダルにはラストスパート必須「じゃないと世界で勝負にならない」

 来年の東京五輪へ期待の膨らむ好レース。世界の頂点まで上り詰めるには何が必要なのか。鈴木コーチは言う。

「本当は100メートルから150メートルで、まだもうちょっと(ペースを)上げた方が勝負になる。でも、まだそういうトレーニングをしてきていない。ここを0秒5くらい上げられれば十分勝負になる。いつも150メートルまでは割りと落ち着いてきたので、ラストスパートはかけられるかなという風には見てます」

 世界の猛者が集まる群雄割拠の自由形。幾度も五輪の大舞台を見てきた同コーチは「たぶん来年はこういう(トップの)選手たちが絶対に落ちてこないと思う。そうするともっとレベルが高くなる。スピードもつけていかないと」と予想する。日本の歴史を変えたカツオが金メダル争いで優位に立つには、終盤に入るまでの力をいかに上げておくかが大事だという。

「やっぱりラストスパートが利くような選手じゃないと、世界に行ったら勝負にならない。100メートルから150メートルのところで溜めておいたら出る。そこはちゃんと練習させてきているので、あとは前半のスピードをいかにつけておくかというところ。そうすれば、金メダル争いができると思う。(東京五輪では)当然1分44秒5くらいは目指していかないと。いずれにしても44秒台までは来ないと来年のメダルはないと思いますね」

 松元は「来年は金メダルを獲って鈴木先生を心の底から喜ばせたい」と息巻く。厳しくも、大切に育ててきた生きのいいカツオ。世界水泳で光らせた教え子の成長に、師匠も腕を鳴らす。「一番、速い種目でメダルを獲る、または金を目指すというのは、非常に面白いですね」。五輪開幕まで24日でちょうど1年。東京のレース後に“最高のまぁまぁ”が聞けるかもしれない。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集