[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本で縛られていた「こうあるべき」の風潮 結婚・出産を経て、36歳で出場した4度目の五輪――バレーボール・荒木絵里香

結婚・出産も経験し、4度出場した五輪は「想像以上」と語った荒木さん【写真:窪田亮】
結婚・出産も経験し、4度出場した五輪は「想像以上」と語った荒木さん【写真:窪田亮】

東京五輪を終え、家で待っていた娘がくれた手作りの賞状とメダル

 2020年に予定されていた東京五輪がコロナ禍により、1年延期に。2021年、4度目となったオリンピックの夢舞台。予選リーグ敗退を最後に37歳で現役引退した。

 長い競技生活を振り返ると、娘の存在が励みになったことがたくさんある。「娘が生まれてからはオンオフのメリハリがつきました。ダラダラと競技のことを無駄に悩まなくなったし、スイッチができて集中力高く練習に取り組めるようになりました」という。

「最初は娘が記憶に残るまで選手でいたいと思っていました。でも、育っていくうちに『ママがどういう選手だった』というのは娘として、そんなに大事ではないと分かってきたので、私は自分のやりたいこと、夢や目標に向かって取り組んだ姿を見てもらえたら、と。9歳の今はまだ分からなくても、どんどん年齢を重ねて、彼女なりに理解できること、感じられることがきっと生まれてくる。何か良い影響を受け取ってもらえたらいいなとは思います」

 2020年の東京五輪に向かう中で「ママはここで選手は終わるからね」と事前に引退について伝えていた。娘には寂しい想いばかりさせたが、2021年に五輪を終えて自宅に帰ってくると、手作りの賞状とメダルを持って「お疲れさま」と言ってくれた。自分の選択に誇りを感じられた。

 現役生活を離れ、およそ1年半。「いってらっしゃい」と「おかえり」を言える機会も増えた。母として、そんな日々に幸せを感じる。「娘はスポーツはテニスとダンスをエンジョイしながらやっています。私の影響でバレーボールは嫌いなので……」と明るく笑い、改めて振り返る。

「出産した時は何歳までやろうと考えていなかったし、ここまで長くできるとは思っていなかったです。日本代表を目指していたわけでも、五輪にもう一回行こうと思っていたわけでもない。終わってみると、想像以上の場に行くことができたなって思えます。これも周りの皆様の理解やサポートがあったからこそだと思います。感謝、感謝です」

 海外挑戦、結婚・出産、五輪4大会出場と駆け抜けた現役生活。しかし、引退から半年後、もう一つ大きな決断をした。大学院進学。新たな挑戦の始まりだった。

■荒木 絵里香 / Erika Araki

 1984年8月3日生まれ。岡山・倉敷市出身。小学5年生からバレーボールを始める。成徳学園高(現・下北沢成徳高)では同級生の大山加奈らとともに高校全国3冠を達成。卒業後の2003年にVリーグ・東レアローズに入団した。1年目に日本代表デビューすると、2008年北京五輪に出場(5位)、2012年ロンドン五輪は主将として女子28年ぶりの銅メダル獲得に貢献。2013年に元ラグビー日本代表の四宮洋平さんと結婚、出産を経て2014年に復帰した。2016年リオデジャネイロ五輪(5位)に続き、4大会連続出場した2021年東京五輪(予選リーグ敗退)を最後に現役引退。VリーグでMVP2度、ブロック賞8度、歴代最多得点、最多セット出場数など。現在はトヨタ車体クインシーズのチームコーディネーター、バレーボール解説者などを務めながら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に在籍。身長186センチ。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)


W-ANS ACADEMY

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集