[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平MVPに韓国紙感銘 WBC初球&最終球の二刀流に「これほどのドラマがあるのか」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が前回王者・米国に3-2で2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を果たした。3大会連続1次ラウンドで敗退した韓国のメディアは、大谷翔平投手の奮闘に「大谷翔平がWBCを支配していた」「これほどのドラマがあるのか」と感銘を受けた様子で報じた。

米国との決勝でも最後の球を投げた大谷翔平【写真:Getty Images】
米国との決勝でも最後の球を投げた大谷翔平【写真:Getty Images】

韓国紙が大谷翔平を称賛

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本が前回王者・米国に3-2で2009年第2回大会以来14年ぶり3度目の優勝を果たした。3大会連続1次ラウンドで敗退した韓国のメディアは、大谷翔平投手の奮闘に「大谷翔平がWBCを支配していた」「これほどのドラマがあるのか」と感銘を受けた様子で報じた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

「大谷ルールからMVPまで、大谷から始まり大谷で終わりを迎えたWBCドラマ」

 そんな見出しで報じたのは、同国紙「韓国日刊スポーツ」だった。1次ラウンド・プールBでは、日本は初戦で中国と対戦。投打二刀流で先発した大谷が初球を投げ、米国との決勝でも最後の球を投げた。「最初から最後までWBCは大谷が支配していた」と報道。こう続けている。

「WBCは今大会を控えて大谷が二刀流を披露できる『大谷ルール(先発投手が交代した後も指名打者としてプレーできる規定)』を新設し、大谷はWBCの期待通り、大会での投打兼業を準備し、野球ファンの関心と話題を集めた。

『投谷(投手・大谷)』を先に披露し、以後打者としても打席に立ち『打谷(打者・大谷)』の面貌を遺憾なく発揮した。中国戦で大谷は4イニングの間、1本の安打のみを許す完璧な投球で無失点勝利投手となり、打席でも2安打を放ち大活躍した」

 投打二刀流で日本を牽引したことに着目。大谷は決勝でDHを解除し、9回のマウンドに上がった。最後はエンゼルスで同僚のマイク・トラウト外野手を空振り三振。胴上げ投手に輝いた。同紙は「大谷がドラマのエンディングを華やかに飾った」「続くトラウトとの真っ向勝負で空振り三振を奪ってチームの優勝をものにした」と称賛した。

 大谷がMVPに選ばれたことには「漫画のようなストーリーを描いた大谷は、大会MVPに選ばれた」「MVPの行き先は当然大谷だった」と選出をに同調。「大谷で始まり、大谷に終わった。これほどのドラマがどこにあるだろうか。日本の3度目の優勝、14年ぶりの名誉に相応しいドラマを大谷が作り出した」と報じている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集