[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メキシコ監督「日本に脱帽するしかない」 壮絶な9回劇的敗退に「全力尽くした。後悔は何もない」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

WBCメキシコ戦、サヨナラ勝ちで決勝進出を決めた侍ジャパン【写真:Getty Images】
WBCメキシコ戦、サヨナラ勝ちで決勝進出を決めた侍ジャパン【写真:Getty Images】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 ベンジー・ギル監督は「最後のイニングは素晴らしい繋がりだった。日本に脱帽するしかない。どちらかが勝つしかないが、両チーム素晴らしかった」と日本を称えた。

 侍打線はエンゼルスで大谷翔平と同僚のメキシコ先発左腕パトリック・サンドバルに苦戦。先制点は先発全員が現役メジャーリーガーのメキシコだった。佐々木朗希から4回2死一、二塁で6番ウリアスが左中間への3ラン。しかし、最後に村上の一打で敗れた。

 指揮官は「持ってるもの全て全力尽くした。メキシコでは一番高いレベルの野球できた。ホームランも素晴らしかった。勝利に本当に近づいていたが、後悔するところは何もない」と胸を張った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集