[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村上宗隆劇的打に「村神様!」の大合唱 SNSで感涙の手の平返し「今までごめんなさい」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。ネット上では「村神様復活!!!」「感動で涙止まらん 村上交代って言ってごめんなさい」と感涙した様子のコメントが相次いだ。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

WBC準決勝、サヨナラ打を放つ村上宗隆【写真:ロイター】
WBC準決勝、サヨナラ打を放つ村上宗隆【写真:ロイター】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。ネット上では「村神様復活!!!」「感動で涙止まらん 村上交代って言ってごめんなさい」と感涙した様子のコメントが相次いだ。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 4-5の9回は大谷翔平が先頭打席に入った。日本中の夢を背負った二刀流。右中間を破ると、ヘルメットを自ら脱いで激走した。悠々と二塁に到達し、侍ベンチに向かって絶叫。両手を下から何度も振りあげ、チームを鼓舞すると、ナインもベンチから飛び出した。無死二塁から四球で出た吉田正尚に代走・周東佑京。無死一、二塁で回ってきたのは村上だった。

 ここまで不振だった日本の三冠王。託された若き主砲が弾き返した打球はグングンと伸び、中堅フェンスを直撃。大谷、周東が生還し、劇的なサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。ナインは大喜び。ヒーローはウォーターシャワーでずぶ濡れになった。

 この日は5打数1安打3三振。0-3の4回、近藤健介、吉田正尚の単打で2死一、三塁のチャンスでは、見逃し三振に倒れていた。東京ラウンドから苦しむ場面が目立っていただけに、渦巻いた批判の声。しかし、最後に試合を決め、ツイッター上は日本人ファンから「ごめんなさい」の手の平返しで溢れかえった。

「村神様復活!!!」
「村上さん、今までごめんなさい!!」
「村神様凄すぎる」
「これが日本国民伝統の『手のひら返し』だ!」
「自分が恥ずかしい」
「感動で涙止まらん 村上交代って言ってごめんなさい」
「最後まで信じる事ができなかった…」
「ボクは村上選手を疑ってました。ごめんなさい村上選手」
「村上さんに代打を出せ出せ言ってごめんなさい」
「村神様のサヨナラはイチローの時並に鳥肌立ったよ…」
「ストーリーが感動的だった」
「村神様ほんとに覚醒しとるやん」
「村神様が本当の村神様になったよ!!」

「村神様」の大合唱も起こした日本人ファン。決勝の相手は最強軍団の米国だ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集