[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍J、村上宗隆のサヨナラ打で決勝進出! ナインは狂喜乱舞、王者・米国と頂上決戦へ

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。勝者は21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

WBC決勝進出を決めた侍ジャパン【写真:ロイター】
WBC決勝進出を決めた侍ジャパン【写真:ロイター】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 初回は令和の怪物が鮮烈な米デビューを飾った。日本の先発は佐々木朗希。いきなり161キロ直球をぶち込むと、先頭から空振り三振、左飛、空振り三振で最速164キロを含む12球で斬って取った。会場は日本人以外のファンも拍手喝采。しかし、打線はエンゼルスで大谷翔平と同僚のメキシコ先発左腕パトリック・サンドバルに対し、3者三振と打ちあぐねた。

 2回、佐々木は1死から左前打を許すと、続く打者に投手強襲の内野安打。腹部付近に直撃するアクシデントだったが、投球練習を挟んで再開した。直後の1球で161キロを計測。遊ゴロ併殺打でピンチを切り抜けた。息詰まる投手戦は続き、日本1安打、メキシコ2安打で3回までともに無得点。佐々木は先発全員が現役メジャーリーガーの相手に快投を演じた。

 しかし、試合は突如動いた。佐々木は4回2死から左前打、三塁後方へのポテンヒットで一、二塁のピンチを迎えると、6番ウリアスへの2球目だった。甘く入ったフォークを強振され、左中間への先制3ラン。打たれた瞬間にしゃがみ込み、呆然と左翼方向を見つめた。反撃に出たい日本は4回、近藤健介、吉田正尚の単打で2死一、三塁のチャンス。しかし、村上宗隆が見逃し三振に倒れ、ため息の漏れる展開となった。

 佐々木は4回5安打3奪三振3失点、球数64で降板。5回から山本由伸がマウンドに上がり、ゼロに抑えた。直後の5回先頭、岡本和真が左翼へ大飛球。しかし、左翼手・アロサレーナがフェンス際でジャンプ一番、本塁打をもぎ取るスーパーキャッチを見せ、ドヤ顔で9秒間仁王立ちした。球場は「MVP!」コールが沸き起こるほど大熱狂だ。

 続く山田哲人の右前打、源田壮亮の四球で1死一塁。サンドバルは4回2/3で66球を投げ、4安打6奪三振1四死球の無失点で降板した。メキシコの2番手は、1次ラウンド(R)のカナダ戦で先発した右腕アルキーディ。日本は1番・中村悠平の代打・牧秀悟が遊ゴロに倒れると、なおも2死二、三塁でラーズ・ヌートバーが四球、近藤の左翼後方への当たりは再びアロサレーナの背走キャッチに阻まれ、2イニング連続で満塁から無得点に終わった。

 0-3の6回、大谷の左前打、岡本の四球、山田の四球で2死満塁。しかし、8番・源田は左飛に倒れ、あと一本が出ない。山本は反撃を信じ、7回1死一塁で空振り三振。二盗を試みたトレホが源田のタッチをかいくぐるヘッドスライディングを見せた。最初はセーフの判定だったが、リプレー検証の結果、アウトに覆った。

 0-3の7回2死から近藤が右前打。大谷が四球で繋ぐと、4番・吉田が泳ぎながら放った打球は右翼ポール際へ。値千金の同点3ランだ。劣勢ムードに飛び出した一撃。ベンチからナインが飛び出し、スタンドの日本人ファンとともに狂喜乱舞した。しかし、直後の8回1死からアロサレーナが右越え二塁打、続くベルドゥーゴが左中間を破る適時二塁打。日本球界のエース・山本が一時勝ち越しを許した。

 続く打者の左前打で1死一、三塁としたところで降板。3番手でマウンドに上がった湯浅京己が、2死から左前適時打で1点を失った。逆転を狙う3-5の8回は、先頭・岡本の死球、山田の左前打、源田の犠打で1死二、三塁。甲斐拓也の代打・山川穂高は左犠飛で1点を返した。なおも2死二塁からヌートバーが四球。近藤が見逃し三振で天を仰いだ。

 9回は4番手の大勢が無失点。1点ビハインドの攻撃は、大谷が先頭打席に入った。日本中の夢を背負った二刀流。右中間を破ると、ヘルメットを自ら脱いで激走した。悠々と二塁に到達し、侍ベンチに向かって絶叫。両手を下から何度も振りあげ、チームを鼓舞すると、ナインもベンチから飛び出した。無死二塁から四球で出た吉田に代走・周東佑京。無死一、二塁で回ってきたのは村上だった。

 ここまで不振だった日本の三冠王。託された若き主砲が弾き返した打球は、中堅を超えた。グングンと伸びた打球は中堅フェンス直撃。大谷、周東が生還し、劇的なサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。ナインは大喜び。ウォーターシャワーがマイアミに舞った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集