[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平「ムネは必ず打ってくれると信じていた」 奇跡の逆転サヨナラ決勝進出に歓喜爆発

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は1点を追う9回無死一、二塁から不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

WBC準決勝、歓喜する侍ジャパンの大谷翔平【写真:Getty Images】
WBC準決勝、歓喜する侍ジャパンの大谷翔平【写真:Getty Images】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は1点を追う9回無死一、二塁から不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 日本に奇跡が起きた。4-5で迎えた9回。無死一、二塁。不振だった村上がメキシコ守護神を粉砕し、センターオーバーの逆転サヨナラタイムリー。侍ジャパンのメンバーが総出で飛び出し、劇的決着に酔いしれた。メキシコナインは呆然。これ以上ない結末でファイナルに駒を進めた。

 9回先頭で二塁打を放ち、逆転劇を演出した大谷は試合直後、米放送局のインタビューで「ムネはここまで苦しんでいたけど、必ず打ってくれると信じていた。なんとか先頭に出たいと思っていた。初球にたまたま甘いところが来たので、いいところに打ってくれて良かった」と語った。

 さらに、続いて行われた日本の放送局のインタビューで「簡単に勝てると思っていなかった。本当にムネがきつかったと思う。最後の最後に本当にいいバッティングを見せてくれた」と改めて村上を労い、「最高の形で明日を迎えられる」と語った。

 自身の9回先頭の二塁打については「四球でいいと思って甘いコースを打とうと思った。必ず塁に出るつもりでいて、セカンドまで行けたのがよかった」と回顧。「全員でキャッチャーも3人とも出て、投手も苦しい中、相手の打撃が凄かったし、いい形で明日を迎えられる」と話した。

 改めて村上について問われ、大谷は「苦しかったと思うけど、バットも振れていた。必ず打ってくれると。吉田さんもそうだけど、2人が塁に出れば点を取れると思っていた。本当にいいバッティングだった」と信じていたことを明かした。

 決勝の米国戦に向けて「最高の相手と最高の舞台。まずは楽しむ気持ちを持って、必ず勝つんだという気持ちを持って臨みたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集