[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

時の人になったヌートバー 離れた日本に示す愛「心の底から感謝」「人生変える経験」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、フロリダ国際大で練習を行った。20日(同21日)に準決勝メキシコ戦を控える。ラーズ・ヌートバー外野手は日本で受けた歓迎について「心の底からありがとうございますと言いたいです」と改めて感謝。「人生を変えるような経験でした」と振り返った。

メキシコ戦に向けて練習を行ったラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】
メキシコ戦に向けて練習を行ったラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】

侍ジャパンはフロリダで全体練習を実施

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日)、フロリダ国際大で練習を行った。20日(同21日)に準決勝メキシコ戦を控える。ラーズ・ヌートバー外野手は日本で受けた歓迎について「心の底からありがとうございますと言いたいです」と改めて感謝。「人生を変えるような経験でした」と振り返った。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 チームは16日の準々決勝イタリア戦に勝利後、そのままフロリダへチャーター機で移動。13時間半かけて決戦の地に降り立った。ヌートバーは「状態はなかなかいいです。結構時差ボケで苦しむと思っていて、そういう話もすごい聞いていたんですけど、そこまで時差ボケを感じなくて、とても良い感じです」と順調な調整ぶりを強調した。

 この日は内野でゴロをさばく姿も見られた。理由を問われると、白い歯を見せてジョークを飛ばした。

「米国代表の三塁手がそこまで上手じゃないから、カージナルスに戻ったときにそのポジションをやってもらう必要があるかも、と監督から内野をやっておくように指示があったんです」

 米国代表の三塁手は、カージナルスでチームメートのノーラン・アレナド内野手。ゴールドグラブ賞を10年連続で受賞しているメジャー屈指の名手だ。アレナドを“いじった”その表情からは、リラックスした様子が感じられた。

 日本では自身のペッパーミル・パフォーマンスが大流行。東京ドームで日本ファンの大歓声を受けるなど、時の人となった。「心の底からありがとうございますと言いたいです。モチベーションを上げてくれたというところもありますし、あれだけ熱狂的に応援してくれるのは、やっぱりすごくプラスになったと思います。非常にありがたいという気持ちがあります」と改めて感謝した。

 母が日本生まれ日本育ちという縁があり、侍ジャパンのユニホームにそでを通した。「胸に『JAPAN』の文字を着ることができたこと。そしてファンや全ての人が支援的でいてくれたことで、さらに日本への思いが強くなりました。日本での経験は、人生を変えるような経験でした」と感慨深げ。準決勝で戦うメキシコを「メジャーでやっている選手も多いし、なかなか手強いチーム」と警戒しつつも「我々も本当に良いチームだと思うので、すごく良い試合になるんじゃないかなと思います」と自信をのぞかせた。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集