[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界を泣かせたWBC東京ドームの客席 大人を動かす少女をMLB公式も称賛「最も可愛い」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京Dで準々決勝が行われ、豪州がキューバに3-4で逆転負けし、4強進出を逃した。3万5061人が詰めかけたスタンドでは、豪州少女ファンが「レッツゴー・ジョージ!」と大声援。ネット上で動画が拡散し、国内外のファンを感動させた。MLB公式サイトまでも「最も新しく、最も可愛い応援だ」と伝えている。

豪州少女ファンをMLB公式も称賛【写真:Getty Images】
豪州少女ファンをMLB公式も称賛【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京Dで準々決勝が行われ、豪州がキューバに3-4で逆転負けし、4強進出を逃した。3万5061人が詰めかけたスタンドでは、豪州少女ファンが「レッツゴー・ジョージ!」と大声援。ネット上で動画が拡散し、国内外のファンを感動させた。MLB公式サイトまでも「最も新しく、最も可愛い応援だ」と伝えている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 健気な声援の反響は世界に及んだ。豪州ファンが詰めかけた客席の一角で一人の女の子が「レッツゴー・ジョージ!」の大きな掛け声。日本人を含めた周囲の大人たちが「レッツゴー・ジョージ!」と続いた。日本戦のテレビ中継で同様の場面が映り、「天使」「可愛すぎる」と大きな話題になった3歳の少女。この日も再び試合中継や豪州代表ツイッターで紹介され、日本人を虜にした。

 女の子の正体はティム・ケネリー外野手の娘・フローレンスちゃん。試合中は「レッツゴー、ティミー(父の愛称)」「レッツゴー、ダディ(お父さん)」のほか、他の選手の名字やファーストネームを連呼。国内外のファンから「泣ける」と話題を呼んでいた。MLB公式サイトも動画付きで記事を掲載。「『レッツゴー・ダディ!』は豪州代表の最も新しく、最も可愛い応援だ」と称賛を込め、こう続けた。

「消防士であり、チームキャプテンであるティム・ケネリーの娘、3歳のフローレンス・ケネリーは、まず日本に敗戦した試合で『カモン、ジョージ!』とチャントして有名になった。それは(ツイッターで)500回以上シェアされ、300万人以上に見られている」

 キューバ戦についても詳報。記者席からも聞こえる声だったようで、「彼女は新しいチャントを始めた。『レッツゴー・ダディ!』だ。このチャントはすぐに球場のオージーファンにも採用された」と周囲に波及した様子を記載。「フローレンスは東京での時間を楽しんでおり、母親にここに住みたいと言うほどだ。彼女のお気に入りのアクティビティは野球と(もちろん)ディズニーランドに行くことだ」と説明した。

 日本に住みたいというほど野球観戦を満喫したようだ。「THE ANSWER」の取材では、「将来の夢はお姫様」と話したフローレンスちゃん。母のアナさんは「彼女はこれからも豪州のスタンドで大声を出し続けるでしょうね」と笑っていた。MLB公式サイトでは、「フローレンスのお気に入りの選手については簡単だ。『ダディ』と彼女は言った」と締められている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集