[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCで選手負傷 世界的スターの米国トラウトが異論「WBCを責めるのはフェアじゃない」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日(日本時間16日)、1次ラウンド・プールD(米フロリダ州、ローンデポ・パーク)の第4戦が行われ、プエルトリコが優勝候補の2013年第3回大会王者・ドミニカ共和国に5-2で下した。勝者が準々決勝に進出する大一番で波乱。しかし、勝ったプエルトリコは守護神E.O.ディアスが試合直後に喜び過ぎて負傷する悲劇に見舞われた。米メディアが動画を公開していたが、米国のマイク・トラウト外野手らは「WBCを責めるのはフェアじゃない」と擁護したという。

最後の打者を見逃し三振に仕留め、両手を挙げて喜ぶE.O.ディアス【写真:Getty Images】
最後の打者を見逃し三振に仕留め、両手を挙げて喜ぶE.O.ディアス【写真:Getty Images】

WBCで勝利を喜びすぎたプエルトリコ右腕が負傷

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日(日本時間16日)、1次ラウンド・プールD(米フロリダ州、ローンデポ・パーク)の第4戦が行われ、プエルトリコが優勝候補の2013年第3回大会王者・ドミニカ共和国に5-2で下した。勝者が準々決勝に進出する大一番で波乱。しかし、勝ったプエルトリコは守護神E.O.ディアスが試合直後に喜び過ぎて負傷する悲劇に見舞われた。米メディアが動画を公開していたが、米国のマイク・トラウト外野手らは「WBCを責めるのはフェアじゃない」と擁護したという。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 最後の打者を見逃し三振に仕留めたディアスは、ナインと喜びを爆発させた。跳びはねた歓喜の輪の中で右膝を負傷。仲間に両肩を担がれ、最後は車いすでグラウンドを後にした。メッツの守護神を務め、MLBでNo.1守護神の呼び声の高い右腕。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターは、一連の動画を公開した。

 WBCはシーズン開幕とあって、怪我を懸念する各球団が選手の代表派遣に難色を示す。ディアスの負傷後、米記者から「MLBがWBC参加で恐れていたこと」などと指摘する声が上がったが、米紙「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者はツイッターにこうつづった。

「マイク・トラウトとムーキー・ベッツがエドウィン・ディアスの怪我について、WBCを責めるのはフェアじゃないと言い、それを偶然の出来事だと評した」

 エンゼルスのトラウトは2014、16、19年のア・リーグMVP。ドジャースのベッツはレッドソックス時代の18年ア・リーグMVPだ。シーズンを楽しみにする海外ファンからもWBC批判の論調が強まっていたが、米国代表のスター選手は異を唱えたようだ。

 米国はこの日の1次ラウンド最終戦でコロンビアに3-2の勝利。準々決勝に進出した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集