[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、韓国メディアが「スターの品格見せた」と絶賛「恐るべき爆発力を誇示した」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は第1打席で、自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。同組で日本に敗れた韓国のメディアも「スーパースターの品格を見せた」と活躍ぶりを絶賛している。

看板に直撃する特大3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
看板に直撃する特大3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は第1打席で、自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。同組で日本に敗れた韓国のメディアも「スーパースターの品格を見せた」と活躍ぶりを絶賛している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 大谷の活躍ぶりに韓国メディア「エックスポーツニュース」が注目。「『超大型怪力砲』で1Rショーストッパー、『怪物』大谷出現」との見出しで報道。「『怪物打者』大谷翔平が本選1次ラウンド最終戦で超大型ホームランを放ち、最後を飾った」と豪州戦の本塁打にスポットライトを浴びせた。

 記事内では「初打撃で大谷は東京ドームを熱狂させた」「打球速度182キロ、飛距離120メートルを記録した怪力の超大型アーチだった」と大谷のWBC1号のデータを紹介。2回の第2打席から6回の第4打席までの内容にも触れ「チームの7-1の完勝に貢献した」と伝えている。

 その上で「ただ一つだけなかった、大谷と切っても切れないホームラン」が出たことについても指摘。「MLBで5シーズン通算127本を放っており、2年前には46本、昨年には34本を記録し、恐るべき爆発力を誇示した」と過去の記録を取り上げ「本選1ラウンドでスーパースターの品格を見せた」と驚愕している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集