[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平と3回だけ喋った元捕手が語る人間性「私を忘れていてもおかしくないのに…」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」の大谷翔平投手は、自分の顔が写った看板に直撃する特大3ランを放つなど大活躍中。そんな中、エンゼルスの元同僚は「日本で人間性と敬意に感銘を受けた」と粋な裏話を明かした。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平の元同僚が感銘を受けた出来事とは

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」の大谷翔平投手は、自分の顔が写った看板に直撃する特大3ランを放つなど大活躍中。そんな中、エンゼルスの元同僚は「日本で人間性と敬意に感銘を受けた」と粋な裏話を明かした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷との秘話を振り返ったのは、エンゼルスとレンジャーズで7年間プレーした元捕手のジャック・クルーガー氏。「ショウヘイ・オオタニについて、あなたがこれまで聞いたことがない2つのストーリーを」と日本時間12日早朝にツイッターを更新した。

 同氏はキャリアのほとんどを傘下のマイナーで過ごし、メジャー出場は1試合しかない。しかし、WBCで活躍する大谷と触れ合った時期についてツイッターで振り返った。1つ目のストーリーとして、2018年の春季キャンプで報道陣の数に嫌気がささないか尋ねたことを明かしたが、2つ目はレンジャーズ移籍後の話だ。

 2022年、クルーガー氏は予備登録選手だった。エンゼルス戦でアナハイムに遠征。この時点で「私はショウヘイのブルペンを受けたのは1回だけだった。彼と話したのは短く3、4回」と深い関係ではなかったという。しかし、外野フェンス際で練習していた大谷は、10メートル近く離れたクルーガー氏を見つけ、反応したという。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集