[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の看板弾、“予言的中”させた韓国記者が衝撃 「私のSNSが現実になった!」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は第1打席で、自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。取材のために来日している韓国記者が、前日にこの本塁打を画像付きで“予告”しており、「私のツイートが現実になった!」と証拠を添えて反応している。

第1打席で特大3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
第1打席で特大3ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」で出場した大谷翔平投手は第1打席で、自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。取材のために来日している韓国記者が、前日にこの本塁打を画像付きで“予告”しており、「私のツイートが現実になった!」と証拠を添えて反応している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 試合前の東京D。バックスクリーンから右中間に広がる大型ビジョンには大谷の笑顔がアップになった2カットと、子どもたちと触れ合うカットが映し出されている。いずれも大谷が契約を結ぶ「セールスフォース」の広告だ。

 これに注目していたのは韓国ヨンハップ通信のヨ・ジホ記者。11日にツイッターで「オオタニが自分の顔にホームランボールを当てたらクールだと思わない?」と投稿していた。

 すると、12日のオーストラリア戦で大谷は1回に特大の3ラン。自身の顔が写し出された右中間のLEDビジョンを直撃した。ヨ・ジホ記者は前日の自分の投稿を引用する形で「今日、これに近いことが起こった。私のツイートが現実になった」と投稿。証拠画像とともに泣き笑いの絵文字も添えた。自身の“予言”が実際に起こり、衝撃を受けたようだ。

 同記者は来日後、大阪グルメや焼きそばパンなどを投稿。感銘を受けたことなどを伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集